星野剛士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
星野 剛士
ほしの つよし
生年月日 (1963-08-08) 1963年8月8日(54歳)
出生地 日本の旗 神奈川県藤沢市
出身校 日本大学法学部新聞学科
エルマイラ大学国際関係学科
前職 産経新聞社記者
所属政党 自由民主党谷垣グループ
公式サイト 星野つよし公式ホームページ

選挙区 神奈川12区
当選回数 2回
在任期間 2012年12月16日 - 現職

選挙区 藤沢市
当選回数 3回
在任期間 1995年 - 2007年
テンプレートを表示

星野 剛士(ほしの つよし、1963年8月8日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(2期)、経済産業大臣政務官内閣府大臣政務官復興大臣政務官第3次安倍第1次改造内閣)。元神奈川県議会議員(3期)。

来歴[編集]

神奈川県藤沢市生まれ。藤沢市立長後小学校藤沢市立長後中学校神奈川県立鶴嶺高等学校日本大学法学部新聞学科卒業。大学在学中、アメリカ合衆国に留学し、ニューヨーク州のエルマイラ大学国際関係学科を卒業[1]1988年、日本大学法学部を卒業し、産経新聞社に入社する。社会部を経て1990年政治部に配属され、首相官邸外務省自由民主党を担当していた[1]。首相官邸を担当していた当時は、内閣官房副長官だった大島理森の番記者を務めていた。記者時代に国会で目の当たりにした日本社会党牛歩戦術に疑問を感じて政治家を志し[2]1993年に産経新聞社を退社。

1995年神奈川県議会議員選挙に藤沢市選挙区から出馬し、最年少の31歳で初当選した。県議を3期務め、2008年の藤沢市長選挙に立候補したが、海老根靖典に3千票弱の差で敗れ、次点で落選した[3]。同年6月より経営コンサルティング会社に勤務する[1]

2012年第46回衆議院議員総選挙に自民党公認で神奈川12区から出馬し、民主党前職で金融担当大臣中塚一宏日本未来の党前職で党副代表の阿部知子を破り、当選した(阿部は比例復活)。2014年第47回衆議院議員総選挙では、神奈川12区で総選挙の直前に民主党に入党した阿部知子の猛追を受けるが、阿部を715票の僅差で破り、再選(阿部は比例復活)。

2015年5月、自民党のリベラル系若手議員による勉強会「過去を学び“分厚い保守政治”を目指す若手議員の会」の立ち上げに参加した[4]。また、6月25日に設立された文化芸術懇話会にも参加している[5]

2015年10月9日、第3次安倍第1次改造内閣にて経済産業大臣政務官内閣府大臣政務官復興大臣政務官に就任[1]

政策・主張[編集]

  • 原発は日本に必要。[6]
  • 選択的夫婦別姓制度導入について、2014年の調査では「どちらとも言えない」としていた[7]が、2017年の調査では、反対、としている[8]

不祥事[編集]

  • 星野が代表を務める自民党神奈川県第12選挙区支部が2013年公正取引委員会から独占禁止法違反(不当な取引制限)で課徴金納付を命じられた会社から16万円の寄付を受けていた[9]

所属団体・議員連盟[編集]

著書[編集]

寄稿[編集]

  • 自民党国家戦略本部 編『日本未来図2030』、日経BP社、2014年12月、ISBN 4822225194

脚注[編集]

[ヘルプ]