星野物産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

星野物産株式会社(ほしのぶっさん)は、群馬県みどり市本社を置く食品メーカー

星野物産株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 星野物産
本社所在地 日本の旗 日本
376-0193
群馬県みどり市大間々町大間々2458-2
設立 1902年
業種 食料品
法人番号 2070001016557
事業内容 小麦粉、乾めんの製造販売等
代表者 代表取締役社長 星野陽司
資本金 9,800万円
従業員数 130名
決算期 5月31日/年1回
外部リンク http://www.hoshinet.co.jp/
テンプレートを表示

概要[編集]

業務用(めん用、中華用、パン用、菓子用 他)並びに家庭用(むしパンミックス、手打ちうどん粉、上州地粉他)小麦粉乾麺(上州手振りうどん他)の製造販売等の商品を幅広く展開している。

沿革[編集]

  • 1902年 群馬県山田郡大間々町(現 群馬県みどり市大間々町)に於いて、米麦・肥料薪炭商、福岡屋星野商店を創業。
  • 1925年 精米工場、肥料の配合工場を建設。
  • 1928年 合名会社福岡星野商店とする。代表社員に星野新吉が就任。
  • 1937年 株式組織に改め星野物産株式会社を創立。取締役社長に星野新吉が就任。
  • 1941年 取扱商品の統制に伴い、食料加工(製粉精麦製麺)に転換する。
  • 1948年 製粉工場を設立し、営業主体を製粉におく体制となる。取締役会長に星野新吉、取締役社長に星野精助がそれぞれ就任。
  • 1954年 チェーン移行式乾燥装置を採用。乾麺工場稼働。
  • 1964年 即席麺工場を新設。
  • 1969年 前年の食品工場火災消失に伴い、新工場建設。
  • 1972年 即席麺工場を新設。
  • 1974年 新乾麺工場完成稼動。
  • 1977年 上州手振りうどんを発売。
  • 1979年 立体自動倉庫を建設。
  • 1982年 新乾麺工場竣工。
  • 1983年 進物用包装工場(現ギフトセンター)及び製品倉庫を建設。
  • 1984年 製粉工場調質工程及び精選工程のコンピューター制御システム完成。
  • 1986年 氷温麺工場建設。
  • 1987年 私募債発行(5億円)。新社屋落成。創業85周年株式会社創立50周年式典を行う。
  • 1989年 資本金7,000万円増資し、2億9,500万円となる。
  • 1990年 群麺センター新工場完成。
  • 1991年 代表取締役会長に星野精助、代表取締役社長に星野陽司がそれぞれ就任。
  • 1992年 TQC導入、QCサークル活動開始。
  • 1996年 長野県小諸市インター小諸工業団地内にそば工場の建設用地を取得。信州ほしの設立。そば工場建設着工。
  • 1997年 信州ほしの竣工稼動。
  • 1998年 信州ほしのISO9002取得。
  • 1999年 製粉・乾めん・即席めん工場 ISO9001(JQA及びRVA)取得。
  • 2000年 国内産小麦100%の強力粉「黄金鶴」、薄力粉「白金鶴」発売。
  • 2003年 即席麺工場を閉鎖し、製造を製粉、製麺(乾麺、半生麺)の2部門に集約。
  • 2007年 全工場ISO22000:2005認証取得。乾めん2品モンドセレクション最高金賞受賞。製粉工場に微粉砕設備導入。
  • 2008年 乾めん4品モンドセレクション最高金賞受賞。TPM導入。
  • 2009年 乾めん1品モンドセレクション金賞受賞。
  • 2011年 直販店 久路保山荘オープン。
  • 2013年 京のおばんざいと久路保山荘の麺のお食事処 葛葉茶寮オープン。
  • 2016年 AIBフードセーフティを導入。

営業所・関連会社一覧[編集]

営業所[編集]

関連会社[編集]

  • 信州ほしの
  • 群馬県共同精米
  • 神田五月堂
  • 上電通運
  • 前橋運輸
  • 群馬倉庫
  • ジョーデンフィード輸送
  • トーチク
  • 関東日石
  • 群馬興業
  • 星友事業

主力商品[編集]

  • 上州手振りシリーズ
  • 信州手振りそばシリーズ
  • 信州小諸古城そばシリーズ
  • 小諸七兵衛そばシリーズ
  • 小麦畑シリーズ
  • 赤兵衛シリーズ
  • 小麦粉(パン用・菓子用・めん用・中華めん用)等

関連項目[編集]