星野高士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

星野 高士(ほしの たかし、1952年8月17日- )は、神奈川県鎌倉市生まれの俳人星野椿の息子、星野立子の孫で高濱虚子星野天知の曾孫にあたる。

略歴[編集]

祖母の立子に師事し10代より句作。関東学院大学中退[1]。1984年より「玉藻」副主宰兼編集長。「ホトトギス」同人。句集に『破魔矢』『谷戸』『無尽蔵』『顔』『残響』、他の著書に『星野立子』『美・色・香 俳句創作百科』がある。鎌倉虚子立子記念館館長。日本伝統俳句協会日本文芸家協会会員。「玉藻」発行1,000号を機に2014年6月28日、星野椿より主宰継承。2015年、句集『残響』にて第49回蛇笏賞候補[2]

句集[編集]

  • 『美・色・香』飯塚書店 俳句創作百科 1997
  • 『谷戸 句集』角川書店 現代俊英俳句叢書 1997
  • 『無尽蔵 句集』角川書店 2006
  • 『顔 星野高士句集』角川21世紀俳句叢書 2010
  • 『残響 句集』深夜叢書社 2014

編著・監修[編集]

  • 『星野立子』蝸牛社 1998
  • 『東京ぶらり吟行日和 俳句と散歩100か所』志士の会共編 本阿弥書店 2010
  • 『先生と子どもたちの学校俳句歳時記』仁平勝,石田郷子共監修 上廣倫理財団企画 学芸みらい社 2012
  • 『三代 句集』星野立子,星野椿共著 飯塚書店 2014
  • 『行路 季題別句集』星野立子, 星野椿共著 鎌倉虚子立子記念館 2015

参考文献[編集]

  • 宇多喜代子『戦後生まれの俳人たち』毎日新聞社、2012年

脚注[編集]