映像の魔術師 オーソン・ウェルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
映像の魔術師 オーソン・ウェルズ
Magician: The Astonishing Life and Work of Orson Welles
監督 チャック・ワークマン英語版
製作 チャールズ・S・コーエン英語版
撮影
  • トム・フルビッツ
  • マイケル・リスネット
  • ジョン・シャラフ
編集 チャック・ワークマン
製作会社
  • Cohen Welles Project
  • Calliope Films
  • Wheelhouse Creative
公開 2014年12月10日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

映像の魔術師 オーソン・ウェルズ』 (Magician: The Astonishing Work and Life of Orson Welles) は、チャック・ワークマン英語版監督による2014年のアメリカ合衆国のドキュメンタリー映画である。

内容[編集]

オーソン・ウェルズの生誕100周年直前に製作されたこの映画は、彼の私生活と舞台、ラジオ、映画での業績が時系列で紹介される。ウェルズのほぼすべての映画、アーカイヴ映像、音声のほか、同僚、伝記作家、批評家、友人、彼に影響を受けた現役の映画監督たちのインタビューが含まれる[1]

公開[編集]

さまざまな映画祭で上映された[2]後、2014年12月10日に一般公開された[3]

日本では2015年10月23日に第28回東京国際映画祭で上映された[4]

評価[編集]

Rotten Tomatoesでの支持率は73%[5]Metacriticでの加重平均値は67/100となっている[6]

オブザーバー』紙からは「巨匠のキャリアの優れた入門書」であると評された[7]

出典[編集]