映像学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

映像学部とは、立命館大学に設置される学部の名称である。名称としては日本では立命館大学のみだが、映像に関する学部は、他大学にも存在する。

以下は立命館大学映像学部に関する記述である。 総合大学の中で、映像文化、映像制作、映像プロデュース、映像テクノロジーといった領域で 映画、批評、ビジネス理論、CG、メディアアート、アーカイブなど映像にまつわる広い内容を学べることが 特徴である。 1年次はこれらの領域を幅広く学び、2年次より専門的な領域を自ら選択し(専攻には分かれていないので 制度上は他領域の授業を上回生までとり続けることも可能)、3、4年次には専門演習として各研究室に配属され、 卒業論文、もしくは卒業制作+解説論文のいずれか(各研究室によって異なる)の形でまとめる。 進路としては、映像関連では制作会社、web関連会社、広告代理店、マスコミなど。一般企業、公務員への就職も 多い。大学院は国内の大学院の他、海外の大学院を目指す者もいる。他、起業や作家を目指す者もいる。


関連項目[編集]