映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
妖怪ウォッチ > 妖怪ウォッチ (アニメ) > 映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!
映画 妖怪ウォッチ
エンマ大王と5つの物語だニャン!
監督 ウシロシンジ
髙橋滋春
脚本 加藤陽一
日野晃博
原作 レベルファイブ
出演者 戸松遥
関智一
小桜エツコ
遠藤綾
奈良徹
佐藤智恵
悠木碧
重本ことり
梶裕貴
子安武人
木村良平
長澤まさみ
堀ちえみ
博多華丸
博多大吉
武田鉄矢
音楽 西郷憲一郎
主題歌 キング・クリームソーダ「よかよかララバイ」
コトリ with ステッチバード「宇宙ダンス!」
制作会社 OLM TEAM KOITABASHI & INOUE
製作会社 映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2015
配給 日本の旗 東宝
大韓民国の旗 CJ E&M
公開 日本の旗 2015年12月19日
大韓民国の旗 2016年7月20日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 55億3000万円[1]
前作 映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!
次作 映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!
テンプレートを表示

映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』(えいが ようかいウォッチ エンマだいおうといつつのものがたりだニャン)は、2015年12月19日に公開された日本のアニメ映画。テレビアニメ『妖怪ウォッチ』の劇場版第2作である。レベルファイブのクロスメディアプロジェクト第4弾である『スナックワールド』の短編が同時上映された(『スナックワールド』は翌2017年4月よりテレビ東京系でアニメ放送)。

キャッチコピーは「スリル!興奮!感動!驚き!爆笑! 楽しさ鬼盛りの5つの奇跡!!」。

ストーリー[編集]

5つのストーリーによるオムニバス形式で構成展開する。

エピソード1:妖怪になったケータ
マンホールに落ちて死んでしまったケータはとりついた人間を普通にしてしまう妖怪『フウ2』となり、スポーツ万能で成績も優秀な少年・有馬ユウトと出会い、ユウトの悩みを解決しようとする。
エピソード2:ジバニャンの華麗なる作戦
8年後(2023年)の世界にタイムスリップしたジバニャンは一緒にタイムスリップしたブシニャン・ロボニャンF型と共に、会社で意地悪な千秋先輩にいじめられているエミちゃんをなんとか助けようと奮闘する。
エピソード3:コマさん 家に帰る
コマ母ちゃんから手紙を受け取り実家に帰ったコマさんとコマじろうは、3番目の弟が生まれたことを知らされるが、その弟はなぜか人間だった。
エピソード4:USAピョンのメリークリスマス
クリスマスプレゼントをもらったことが無いUSAピョンが、サンタのプレゼントを配るアシスタントに当番として選ばれる。いやいやイナホとプレゼントを配る中、プレゼントがいらないという少年・タカユキと出会う。不思議に思っている二人がその訳を訊き、願いを叶えようとしていると意外な人物が現れる。
エピソード5:妖怪ワールドへ行こう
妖魔界の大王、エンマ大王が人間のインフルエンザA型にかかり、評議会の議長であるぬらりひょんは人間とのつながりが原因として、先代のエンマ大王の命として人間との交流を一切禁止する。ケータと仲間の妖怪はお互いの姿が見えなくなってしまい、その絆を取り戻そうとエンマ大王の別荘へ向かい、問題を解決しようと奔走するうちに、やがてぬらりひょんと対峙する。
本作のメインストーリーであり、コロコロ版ではこのエピソードしか書き下ろされていない。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • クリエイティブプロデューサー・企画・シナリオ原案 - 日野晃博
  • 原作 - レベルファイブ
  • 掲載 - 月刊コロコロコミック
  • 妖怪&キャラクターデザイン原案 - 長野拓造、田中美穂
  • 企画設定協力 - 本村健
  • 音楽 - 西郷憲一郎
  • 脚本 - 加藤陽一、日野晃博
  • アソシエイトプロデューサー - 臼井照裕、佐上靖之、川崎由紀夫、村上孝雄、和田誠
  • プロデューサー - 梶原清文、古澤泉、長岡道広、武石周人
  • 製作 - 日野晃博、久保雅一、奥野敏聡、遠藤孝一、岩村卓、飯田伸二、堀内大示、弓矢政法、寺嶋ヨシキ、宮本直人、中村理一郎、市川南、峠義孝、大野淳二、田中文成、伊藤誠一、宮内康行、都築伸一郎、水野英明
  • アシスタントプロデューサー - 橋本友宏、金子栄一郎
  • キャラクターデザイン - 須田正己、寺澤伸介
  • キャラクターデザイン補佐 - 竹内杏子、深沢幸司、小栗寛子
  • 絵コンテ・演出 - 深沢幸司、飯島正勝、矢野博之、秋山勝仁、いわたかずや、佐々木真哉、志村錠児、菱川直樹、三浦陽、鳥井聖美、泉保良輔、髙橋ナオヒト、髙橋滋春、小高義規
  • 総作画監督 - 武内啓、竹内杏子、寺澤伸介、池田裕治、牧野竜一、日下部美津子
  • 作画監督 - 郷津春奈、中野悟史、阿部達也、崎口さおり、近藤優次、田中穣、新村杏子、冨谷美加、長森佳容、福島豊明、松本朋之、高原修二、井上敦子、一居一平、石田千夏、森田実、桝田浩史、橋本千絵、阿部千秋、室井ふみえ、富山大輔、小栗寛子
  • 原画 - 金子志津枝、沢田正人、田口広一辻初樹、新岡浩美、高橋信也、一石小百合
  • 色彩設計 - 角野江美
  • 美術監督 - 釘貫彩
  • 美術監督補佐 - 小濱俊裕
  • 美術設定 - 釘貫彩、金城沙彩
  • 特殊効果 - 太田憲之
  • 撮影監督 - 柚木脇達己
  • 撮影チーフ - 佐藤麻依、矢吹健、黒澤豊
  • 編集 - 小野寺絵美
  • 編集助手 - 鈴木宏
  • 楽曲プロデューサー - 高木貴司
  • 音響監督 - 三間雅文
  • 録音 - 山田富二男
  • 効果 - 三井友和
  • 制作デスク - 正田聡史
  • 設定制作 - 内田晴香
  • アニメーションプロデューサー - 井上たかし、小板橋司
  • アニメーションブレーン - 古市直彦
  • 監督 - ウシロシンジ、髙橋滋春
  • エンディングアニメーション - サイエンスSARU
  • 配給 - 東宝
  • アニメーション制作 - OLM TEAM KOITABASHI & INOUE
  • 製作 - 映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2015(レベルファイブ電通小学館、東宝、オー・エル・エムバンダイテレビ東京テレビ愛知テレビ大阪TVQ九州放送テレビ北海道テレビせとうちKADOKAWAキッズステーションジェイアール東日本企画小学館集英社プロダクションエイベックス・ピクチャーズ、BIGFACE、GYAO

主題歌[編集]

エンディングテーマ「よかよかララバイ」
作詞 - motsu & 高木貴司 / 作曲・編曲 - 菊谷知樹 / 歌 - キング・クリームソーダ、ジバニャン、USAピョン
「宇宙ダンス!」(『妖怪ウォッチバスターズ』のエンディングテーマ)
作詞・音楽プロデューサー - 高木貴司 / 作曲・編曲 - 菊谷知樹 / 歌 - コトリ with ステッチバード

興行成績[編集]

1日違いで封切られた『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を押さえ、2週連続で観客動員数1位となり(子供料金が多いため興行収入では2位)、アニメ映画邦画関係者を興奮させた[2]。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を上回る観客動員数を記録したのは、日本以外でも韓国ベトナムくらいしか例がなく、珍しい現象である[3]

テレビ放送[編集]

地上波[編集]

後述の『空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』の公開を記念するかたちで、2016年12月16日 18:25 - 20:50にて地上波初放送を行った。枠を拡大してテレビ東京系列で地上波初放送[4]。テレビ東京系列の他、独立局のびわ湖放送奈良テレビ放送でも同時間枠で放送。

映画本編放送前には、『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン』の実写パートで主演の天野景太役を務める南出凌嘉による「それも妖怪のせい!? 実写ケータの熱い一日」を放送。

衛星放送[編集]

CSデジタル放送局のキッズステーションで本編を2016年12月16日 18:00 - 19:57の時間帯でCS初放送[5]

同局では2017年1月3日 19:00 - 21:27と2017年1月14日 12:00 - 13:42に再放送された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

2021年5月21日時点のインターネットアーカイブ

2021年2月11日時点のインターネットアーカイブ