春史大賞映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
春史大賞映画祭
各種表記
ハングル 춘사대상영화제
漢字 春史大賞映画祭
発音 チュンサ テサン ヨンファジェ
日本語読み: しゅんしたいしょうえいがさい
英語 Chunsa Film Festival
テンプレートを表示

春史大賞映画祭(チュンサたいしょうえいがさい)は、大韓民国利川市で9月ないし10月に行われる映画祭。主催は韓国映画監督協会と利川市[1]

沿革[編集]

「春史」は朝鮮映画黎明期の映画監督・羅雲奎の号。1990年、韓国映画監督協会会長のキム・ホソンの提唱で、羅雲奎の生涯や作品を記念するべく春史映画芸術賞が創設された。

第9回(2001年)から映画祭の形式となり、春史羅雲奎映画芸術祭という名称になった。第14回(2006年)からは会場を利川市とし、利川春史大賞映画祭の名称で映画祭を開催している。

授賞部門[編集]

第16回利川春史大賞映画祭(2008年)では、次の授賞部門が設けられた。

  • 春史大賞
    • 大賞
  • 作品賞
    • 最優秀作品賞
    • 審査委員特別賞
  • 部門賞
    • 監督賞
    • 脚本賞
    • 男優主演賞
    • 女優主演賞
    • 撮影賞
    • 照明賞
    • 音楽賞
    • 美術賞
    • 編集賞
    • 技術賞
    • 男優助演賞
    • 女優助演賞
    • 新人監督賞
    • 新人男優賞
    • 新人女優賞
  • 特別賞
    • うつくしい映画人功労賞
  • 韓流文化賞
    • 韓流文化大賞
    • 韓流文化賞

最優秀作品賞受賞作品[編集]

最優秀作品賞

  • 第1回(1990年) パク・クァンス監督『彼らも我らのように』
  • 第2回(1991年) キム・ホソン監督『死の讃美』 
  • 第3回(1992年) パク・ジョンウォン監督『われらの歪んだ英雄』 
  • 第4回(1993年) イム・グォンテク監督『風の丘を越えて/西便制』 
  • 第5回(1994年) イム・グォンテク監督『太白山脈』 
  • 第6回(1995年) パク・クァンス監督『美しい青年、全泰壱』 
  • 第7回(1999年) イ・グァンモ監督『スプリング・イン・ホームタウン』 
  • 第8回(2000年) パク・チャヌク監督『JSA』 

春史映画芸術祭大賞

作品賞

最優秀作品賞

  • 第15回(2007年) チョ・グンシク監督『夏物語』 

[編集]

  1. ^ 第16回(2008年)の主催団体。公式サイトより。

外部サイト[編集]

関連項目[編集]