春妃うらら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

春妃 うらら(はるひ うらら、2月15日[1] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する娘役。

福岡県福岡市[1]県立城南高等学校出身[1]。身長161cm[1]。血液型A型[2]。愛称は「うらら」、「うー」[1]

来歴[編集]

2009年、宝塚音楽学校入学。

2011年、宝塚歌劇団に97期生として入団。入団時の成績は16番。星組公演「ノバ・ボサ・ノバめぐり会いは再び」で初舞台[1]

2012年、組まわりを経て花組に配属。同年、組配属後1作目となる「サン=テグジュペリ」で、新人公演初ヒロイン[3]。入団2年目での抜擢となった[3]

人物[編集]

姉は元雪組娘役の星乃あんり[4]

宝塚初観劇は宙組博多座公演「コパカバーナ[2]

学生時代は絵を描くことや物を作ることが好きで、美術部に所属していた[2]

憧れの上級生は蘭乃はな[2]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

花組時代[編集]

TV出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2020年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、23頁。ISBN 978-4-86649-125-7
  2. ^ a b c d 『To The Future/宝塚GRAPH 2013年5月号』 阪急コミュニケーションズ、2013年、103頁
  3. ^ a b c プレシャス宝塚「度胸満点!!飛躍します!!/芹香斗亜」”. nikkansports.com. 2013年12月9日閲覧。
  4. ^ 『母娘・姉妹ジェンヌ一覧/宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、68頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  5. ^ 8/16から宝塚大劇場公演千秋楽まで怪我のため休演。
  6. ^ 宝塚友の会 会員様限定特別イベント 新人公演ステージトーク#93『サン=テグジュペリ』「芹香斗亜・大河凜」”. タカラヅカ・スカイ・ステージ. 2020年1月17日閲覧。
  7. ^ 桜咲彩花休演による配役変更で、11/27~30は城妃美伶の代役として雲井の雁役を演じた。