春山町 (鹿児島市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯31度35分28秒 東経130度27分25.2秒

日本 > 鹿児島県 > 鹿児島市 > 春山町
春山町
—  町丁  —
鹿児島市立春山小学校
春山町の位置(鹿児島県内)
春山町
春山町
座標: 北緯31度35分28秒 東経130度27分25.2秒 / 北緯31.59111度 東経130.457000度 / 31.59111; 130.457000
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 鹿児島県
市町村 鹿児島市
地域 松元地域
人口 (2017年(平成29年)10月1日現在)
 - 計 5,458人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 899-2704 

春山町(はるやまちょう Haruyama-Chō)は、鹿児島県鹿児島市町名。旧日置郡伊集院郷春山村、日置郡上伊集院村大字春山、日置郡松元町春山郵便番号は899-2704。人口は5,458人、世帯数は2,084世帯(2017年10月1日現在)[1]

地理[編集]

鹿児島市の西部、永田川上流域に位置する。町域の北方には鹿児島市石谷町、北方から東方にかけては鹿児島市上谷口町、東方には鹿児島市四元町平田町、南方には日置市吹上町与倉、南方から西方にかけては鹿児島市中山町、西方には鹿児島市五ケ別府町がそれぞれ接している。

また、町域の多くが台地上に形成されているが、南部は山地となっており、集落は主に北部の台地上に多くある。松元町の中心地上谷口町や石谷町や鹿児島市街方面へは急勾配の坂となっている。また、高地の為気温が寒冷で、の栽培が盛んである。現在は、鹿児島市内のベッドタウンとして宅地造成が進んでおり、耕作面積が以前より減少している。

町域のほぼ中央部を鹿児島県道35号永吉入佐鹿児島線が東西に通り、北部を鹿児島県道210号小山田谷山線が南北に通っており、両県道は春山交差点で交差し、交差点より鹿児島市街方向は県道35号と県道210号の重複区間となっている。

春山交差点の南東端にはかつての鹿児島県茶業試験場跡地に建設された都市農村交流センターお茶の里があり、農産物直売所や公園が設置されている[2]

また、北端部に鹿児島県道24号鹿児島東市来線が通っている。南端部では鹿児島県道291号松元川辺線が南北に通っており、平田町から伊作峠へ接続している。

春山町には桟敷原(さしきばる)、上床 (うわとこ)、平和団地(へいわだんち)、馬場(ばば)、寺脇(てらわき)、上伊集院(かみいじゅういん)の6自治公民館がある[3]

地内の上床からは縄文前期の押文型土器や石斧、石皿が出土している。また、桟敷原の大地からは弥生式土器、磨製石斧が出土している[4]

河川[編集]

  • 森園川(永田川の支流)

歴史[編集]

昭和40年頃の春山町付近。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

春山の成立[編集]

春山という地名は戦国期より見え、薩摩国伊集院のうちであった。地内には南北朝期に南朝方別所氏の居城となっていた春山城や御仮屋が所在していたとされる[5]

江戸期の春山[編集]

江戸期には薩摩国日置郡伊集院郷(外城)のうちの春山村となり村内は上床、桟敷原、馬場、寺脇、森園などの字にこの頃から分かれていることが分かっている。村高は寛文4年の「郡村高辻帳」及び「天保郷帳」ともに253石余、「旧高旧領取調帳」には507石余とある。

幕末にかけて藩内では郷士数が激増し、貧窮の武士は中宿と称して家計の立て直しを図りに鹿児島城下などの麓から当地に疎開して開墾に従事していたとされる。また、桟敷原一帯は薩摩藩内屈指の軍馬育成地であり、付近を春山野牧と称して、年間3,000頭余りの馬を藩外に移出していた。南部には春山狩倉と呼ばれる藩庁直営の山林地域で、山奉行がおかれるなど大規模なものであった[5]。しかし、宝永6年までに春山野牧は曽於郡に移転している[6]

町村制施行以後[編集]

1889年(明治22年)に町村制が施行されたのに伴い、伊集院郷の南部にあたる上谷口村、石谷村、春山村、福山村、直木村、入佐村の区域より上伊集院村が成立し、江戸期の春山村の区域は上伊集院村の大字「春山」となった。1960年(昭和35年)には上伊集院村が町制施行及び即日改称し、松元町が成立し、松元町の大字「春山」となった[5]

2004年(平成16年)2月に上谷口のうち境迫の全域及び新竿の一部を春山に編入した[7][8]

同年11月1日には松元町が鹿児島市に編入され、それまでの大字春山の全部を以て鹿児島市の町名「春山町」が設置された[9][10]

町・字域の変遷[編集]

変更後 変更年 変更前
松元町大字春山の一部 2004年平成16年)2月 松元町大字上谷口字境迫の全域、新竿の一部

人口の変遷[編集]

統計年次〔年〕 世帯数〔世帯〕 総人口〔人〕 備考
1960(昭和35) 273 1,063 [11]
1970(昭和45) 275 864 [11]
2015(平成27) 1,834 5,114

施設[編集]

公共
教育
郵便局
  • 鹿児島春山簡易郵便局
寺社
  • 彦山神社

史跡[編集]

  • 岩屋観音像
    南部にある寛延4年に創建されたとされる不動明王と観音像で、巨石が重なり合った自然洞窟内にある[12]
  • 森園の田の神
    寛保3年に建立されたとされる田の神であり、松元地域にある他の田の神とは異なり神舞姿をしているのが特徴である[13]。旧松元町により有形民俗文化財に指定され、現在は鹿児島市の有形民俗文化財(民俗資料)に指定されている[14]

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区(校区)は以下の通りとなる[15]

町丁 番・番地 小学校 中学校
春山町 一部を除く全域 鹿児島市立春山小学校 鹿児島市立松元中学校
春山町 1585番地の一部、1596番地の一部
1997番地の一部、1598番地の一部、
1599番地の一部、1600番地の一部、
1602番地の一部1641番地13、1659番地2
鹿児島市立松元小学校

交通[編集]

鹿児島市街から春山交差点を望む。
春山町南部を通る県道291号松元川辺線

鉄道[編集]

町域内には鉄道駅が存在しないが、春山町の中央にある春山交差点付近からは、町域の北端に隣接する鹿児島本線上伊集院駅上谷口町に所在)が最寄り駅となる。

また、春山町の南端部の伊作峠に隣接する区域では指宿枕崎線慈眼寺駅が最寄り駅となる。

道路[編集]

高速道路
町域内には高速道路・有料道路は通っていない。南九州自動車道松元IC指宿スカイライン山田ICは春山交差点からはほぼ同距離である。
県道
  • 鹿児島県道24号鹿児島東市来線
    鹿児島市から日置市東市来地域までを結ぶ主要地方道。町域の北端を通り、春山口交差点を中心に北方向は鹿児島市街方面、西方向は伊集院方面へ通じている。
  • 鹿児島県道35号永吉入佐鹿児島線
    日置市吹上町永吉から鹿児島市までを結ぶ主要地方道。町域の中央を東西に通り、松元市街方面と谷山・鹿児島市街方面を結ぶ。
  • 鹿児島県道210号小山田谷山線
    鹿児島市小山田町から鹿児島市谷山地域までを結ぶ一般県道。町域の中央を春山口交差点から春山交差点までを南北に通り、小山田方面と谷山方面を結ぶ。石谷町の仁田尾北交差点から春山口交差点までは県道24号、春山交差点から山田町の山田交差点まで県道35号に重複する。
  • 鹿児島県道291号松元川辺線
    松元市街から南九州市川辺地域までを結ぶ一般県道。町域の南端部を南北に通り、平田町から伊作峠に通じる。春山町の区域の県道291号は全線隘路となっているため4t車以上の通行が禁止されている。
広域農道

バス[編集]

路線バス
コミュニティーバス

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 統計情報 - 鹿児島市 2015年4月11日閲覧。
  2. ^ 鹿児島市民のひろば2015年(平成27年5月号)576号-8面 (PDF) - 鹿児島市、2015年5月発行
  3. ^ 『松元町閉町記念誌』 - 松元町 2004年発行
  4. ^ 『角川日本名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.529 - 530
  5. ^ a b c 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.530
  6. ^ 松元町郷土誌 第3編 松元町の歴史 (PDF) p.252 - 鹿児島市(編纂:松元町) 2012年7月3日閲覧。
  7. ^ 『松元町閉町記念誌』 - 松元町 2004年発行
  8. ^ 平成16年鹿児島県告示第70号(同年1月16日発行「鹿児島県公報」第1950号所収。Wikisource-logo.svg 原文)。
  9. ^ 平成16年鹿児島県告示第1775号(町の区域の設定及び字の廃止、Wikisource-logo.svg 原文
  10. ^ 合併後の住所表示 - 鹿児島市 2011年12月31日閲覧。
  11. ^ a b 角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.530
  12. ^ 岩屋観音 - 鹿児島市 2011年12月6日閲覧。
  13. ^ 森園の田の神 - 鹿児島市 2011年12月6日閲覧。
  14. ^ 森園の田の神 - 鹿児島デジタルミュージアム(鹿児島市) 2011年12月6日閲覧。
  15. ^ 小・中学校の校区表”. 鹿児島市役所. 2010年7月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年8月19日閲覧。

関連項目[編集]