春採公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
春採公園
Harutori park 春採公園.jpg
春採公園(2019年3月)
春採公園の位置(北海道内)
春採公園
分類 総合公園[1]
所在地
北海道釧路市春湖台、千歳町、柏木町、春採[1]
座標 北緯42度58分24秒 東経144度24分15秒 / 北緯42.97333度 東経144.40417度 / 42.97333; 144.40417座標: 北緯42度58分24秒 東経144度24分15秒 / 北緯42.97333度 東経144.40417度 / 42.97333; 144.40417
面積 68.6ヘクタール(うち湖水面積36.1ヘクタール)[1]
開園 1956年10月15日[1]
運営者 釧路市公園緑化協会(指定管理者
設備・遊具 博物館、ネイチャーセンター、野草園、ロックガーデン、散策路、バーベキューコーナー、遺跡
バリアフリー 身障者対応トイレ、障がい者用駐車スペース[2]
アクセス 北海道旅客鉄道(JR北海道)釧路駅から車で約15分
くしろバス「市立病院」「春採公園」バス停下車
告示 都市計画決定:昭和23年7月16日建設省告示第14号[3]
テンプレートを表示

春採公園(はるとりこうえん)は、北海道釧路市にある公園1962年に旧釧路公園から分離した。園内に春採湖釧路市立博物館史跡「春採台地竪穴群」「鶴ヶ岱チャランケ砦(チャシ)跡」、天然記念物「春採湖のヒブナ生息地」などを有する。「日本の歴史公園100選」や「北の造園遺産」にも認定されている。釧路の代表的公園の一つ[1]

概要[編集]

釧路市中心部から東へ約1 kmの地点に位置しながら自然環境が取り残されており、多くの野鳥が飛来して繁殖が確認されている。国の天然記念物である「春採湖ヒブナ生息地」を含む公園区域[4]は、北海道指定の「鳥獣保護区」となっている。また、一部区域を貨物線(太平洋石炭販売輸送臨港線)が通っている[5]

1916年(大正5年)に旧釧路公園[注釈 1]として本多静六によって設計されたが、1962年(昭和37年)に春採公園と鶴ヶ岱公園[注釈 2]に分離した[6]。理由は都市計画の見直しである。2006年平成18年)に「日本の歴史公園100選」に選定され[1][7]2012年(平成24年)には鶴ヶ岱公園とともに「北の造園遺産」認定となった[6]

公園には春採湖の周囲に4.7 kmの園路が整備されており、自然観察、散策やジョギングなどに利用されている。 春採湖ができ始めた擦文時代竪穴式住居跡(史跡「春採台地竪穴群」1935年12月24日指定。[8])がある。またシャクシャインの戦いの場となるアイヌの砦の跡チャランケチャシ(鶴ヶ岱チャランケ砦跡)も残されている[9]

自然[編集]

海風のための風衝林として、ミズナラカラマツが植えられている。ミズナラの他に、天然林としてハリギリ、イタラカエデがある[1]。5月から7月の間に、エゾスグリ、エゾノウワミズザクラオオバナノエンレイソウオドリコソウエゾスカシユリといった花が見どころとなる[10]。鳥や昆虫も多く、アケガラ、シジュウカラ、コジュウカラ、ハシブトガラは1年中見ることができる[11]。トンボの池は、過去には最大36種類のトンボが生息していた[11]

施設[編集]

釧路市立博物館
春採湖ネイチャーセンター
春採湖の自然について解説・展示している。
野草園
釧路地方に生育する多年生植物を中心に約120種類の野草を集めている。
ロックガーデン
北海道で産出する自然岩約90点を紹介している。
野鳥観察舎
野鳥を驚かさないよう多数ののぞき窓を設置し、座って観察できるようになっている。
トンボの池
バーベキューコーナー
  • ネイチャーセンター付近45炉
  • 旧青少年科学館側12炉
遺跡
  • 春採台地竪穴群(国の史跡[12]
  • 鶴ヶ岱チャランケ砦(チャシ)跡(国の史跡)[13]

周辺[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 設計者は本多静六[6]
  2. ^ 鶴ヶ岱は「つるがだい」と読む。この公園は中央にひょうたん池を有する[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 釧路市の公園・緑地 2008.
  2. ^ 春採公園”. 釧路市バリアフリーガイド. 釧路市. 2015年12月17日閲覧。
  3. ^ 都市計画公園 個別一覧表 (PDF)”. 北海道. p. 32 (2012年3月31日). 2015年12月18日閲覧。
  4. ^ 春採湖ヒブナ生息地 - 文化遺産オンライン文化庁
  5. ^ 太平洋石炭販売輸送”. 北海道ファンマガジン. PNG Office (2008年3月14日). 2015年12月17日閲覧。
  6. ^ a b c d 鶴ヶ岱公園・春採公園(旧釧路公園) 2012.
  7. ^ 日本の歴史公園100選の実施 (PDF)”. 国土交通省. 2015年12月17日閲覧。
  8. ^ 春採台地竪穴群”. 国指定文化財等データベース. 文化庁. 2017年12月3日閲覧。
  9. ^ 春採公園概要”. 釧路市 都市整備部 公園緑地課 緑化管理担当. 2017年12月3日閲覧。
  10. ^ 花の名所 詳細情報 春採公園”. 北海道の花めぐり・庭めぐり (2014年). 2015年12月31日閲覧。
  11. ^ a b 自然ウォッチングガイド.
  12. ^ 春採台地竪穴群 - 文化遺産オンライン文化庁
  13. ^ 鶴ヶ岱チャランケ砦跡 - 文化遺産オンライン文化庁

参考文献[編集]

関連項目[編集]