春採駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
春採駅
春採駅(2011年11月)
春採駅(2011年11月)
はるとり
Harutori
(4.0km) 知人
所在地 北海道釧路市春採8丁目
所属事業者 太平洋石炭販売輸送
所属路線 臨港線
キロ程 0.0km(春採起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1925年(大正14年)2月11日
廃止年月日 2019年令和元年)6月30日
備考 貨物専用駅
2019年(平成31年)3月31日より運転休止。
テンプレートを表示
構内(2011年11月)
1977年の釧路臨港鉄道 春採駅と周囲約1㎞範囲。右端上が東釧路方面、左が知人方面。低い丘陵地帯の谷合に位置し、左端に春採湖が見える。
駅は既に旅客扱いを廃止していて、三叉路の真下に見える水色屋根の駅舎前の単式ホームは使用されていない。三叉路からは駅ホームの知人側にある踏切を通って海側へ向かう道が伸びるが、その脇に連絡橋が設けられている。三叉路北にあった炭住は撤去されている。
構内は西側(知人側)に多くの留置線があり、東側駅裏には車庫が見える。東側の分岐から先には太平洋炭礦の選炭設備と石炭積載用ホッパーを持つ工場があり、その工場南側には、海岸近くの2つの坑口、興津抗口と春採坑口からの坑外軌道がループを描いて運び込んでいる構造が見える。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

春採駅(はるとりえき)は、北海道釧路市春採8丁目にあった、太平洋石炭販売輸送臨港線

貨物専用駅であり、石炭輸送列車が発着していた。地上駅

歴史[編集]

  • 1925年(大正14年)2月11日 - 釧路臨港鉄道の駅として開業。
  • 1926年(大正15年)2月1日 - 旅客営業を開始。
  • 1963年(昭和38年)11月1日 - 旅客営業廃止。再び貨物専用駅となる。
  • 1979年(昭和54年)4月30日 - 太平洋石炭販売輸送の駅となる。
  • 2019年(平成31年/令和元年)

駅名の由来[編集]

所在地名より。地名はアイヌ語の転訛であり、諸説ありはっきりしないが、「ハルウトル」(「食料とする草・沼」の意か)あるいは「ハルトゥル(haruturu)」(向こうの地[2])からとされる[3]

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

廃止時[編集]

太平洋石炭販売輸送
臨港線
春採駅 - 知人駅

旅客営業当時[編集]

釧路臨港鉄道
臨港線
永住町駅 - 春採駅 - 観月園駅

城山駅より、5.5キロ。

脚注[編集]

  1. ^ 釧路・臨港線 石炭列車ラストラン:どうしん電子版(北海道新聞)” (日本語). どうしん電子版(北海道新聞). 2019年3月31日閲覧。
  2. ^ 「アルト(ar-utor)」(向こう側の・側面)と同義。知人岬の向かいに当たることから。
  3. ^ アイヌ語地名リスト ノブト~ヒラキ P101-110”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月20日閲覧。

関連項目[編集]