春日家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

春日家(かすがけ)は、公家の家名である。

春日家(宇多源氏)[編集]

春日家
(宇多源氏五辻庶流)
No image available.svg
本姓 宇多源氏五辻庶流
家祖 春日仲基
種別 地下家
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
凡例 / Category:日本の氏族

宇多源氏五辻家流で源時方の後裔である地下家の家名。久我家の家人であった源仲基を祖とする。室町時代には仲興・仲重と二代続けて従三位に昇り公卿を輩出するが、二度に亘り断絶。江戸時代に入り仲見が地下家として再興し、代々久我家諸大夫を勤めた。

春日家(村上源氏)[編集]

村上源氏北畠家流で北畠親房の子顕信(春日左少将[1])、及び顕時(春日中将)(親房の子[2]または親房の弟冷泉持房の孫[1][3])が春日を号した。また、春日顕国(春日侍従[4])(源国信の後裔源顕行の子か)も同様に春日を号した。それぞれ南北朝時代南朝方の武将として転戦したが、南朝の衰微により中央貴族としての子孫は残らなかった。

春日家(藤原北家魚名流)[編集]

春日家
(藤原北家魚名流)
No image available.svg
本姓 藤原北家末茂流庶流
六条庶流
家祖 春日家季
種別 公家
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
凡例 / Category:日本の氏族

藤原北家魚名流六条家庶流で、藤原顕輔の曾孫家季を祖とする。鎌倉時代に家季・季範・顕範と三代に亘り公卿に列したが、南北朝時代に断絶した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『尊卑分脈』
  2. ^ 『姓氏家系大辞典』
  3. ^ 『宮廷公家系譜集覧』
  4. ^ 『常楽記』。但し名を「顕邦」とする。