春日町 (練馬区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本 > 東京都 > 練馬区 > 春日町 (練馬区)
春日町
練馬春日町駅A2出入口(2008年10月)
練馬春日町駅A2出入口(2008年10月)
春日町の位置(東京23区内)
春日町
春日町
春日町の位置
北緯35度45分5.05秒 東経139度38分26.92秒 / 北緯35.7514028度 東経139.6408111度 / 35.7514028; 139.6408111
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Nerima, Tokyo.svg 練馬区
面積
 • 合計 1.758km2
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[2]
 • 合計 25,551人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
179-0074[3]
市外局番 03[4]
ナンバープレート 練馬

春日町(かすがちょう)は、東京都練馬区町名。現行の行政地名は春日町一丁目から六丁目。住居表示実施済み区域である。郵便番号は179-0074[3]

地理[編集]

東京都練馬区の中部に位置する。北部を田柄、南部を向山、東部を早宮、西部を高松北町(東北部)と接する。都営地下鉄大江戸線練馬春日町駅が置かれる。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
春日町一丁目 2,089世帯 4,365人
春日町二丁目 2,223世帯 4,591人
春日町三丁目 2,047世帯 4,040人
春日町四丁目 2,162世帯 4,444人
春日町五丁目 2,164世帯 4,504人
春日町六丁目 1,767世帯 3,607人
12,452世帯 25,551人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 街区 小学校 中学校
春日町一丁目 全域 練馬区立練馬東小学校 練馬区立練馬東中学校
春日町二丁目 1〜14番
その他 練馬区立田柄第二小学校
春日町三丁目 1〜2番
15~26番
30~33番
練馬区立練馬東小学校
3~14番
27~29番
練馬区立春日小学校 練馬区立練馬中学校
その他 練馬区立練馬小学校
春日町四丁目 6~21番
34番
36~37番
26~33番
35番
練馬区立田柄第二小学校 練馬区立練馬東中学校
その他 練馬区立練馬東小学校
春日町五丁目 1~29番
30番1号
練馬区立春日小学校 練馬区立練馬中学校
その他 練馬区立練馬小学校
春日町六丁目 全域

地価[編集]

住宅地の地価は、2015年平成27年)1月1日公示地価によれば、春日町一丁目36-5の地点で369,000円/m2となっている。[6]

歴史[編集]

旧・武蔵国豊島郡上練馬村字中ノ宮(なかのみや)、海老ヶ谷戸(えびがやと)、尾崎(おさき)。上練馬村時代は村役場が置かれた中心地であった。

1932年昭和7年)の東京市成立時には当時の板橋区に属して同区練馬春日町一丁目および二丁目となり、1949年(昭和24年)1月1日に冠称を外して春日町となった。1967年(昭和42年)1月1日に住居表示が実施され、現行の春日町一丁目から六丁目となった。

地名の由来[編集]

地名は春日神社にちなむ。東京都では住居表示実施に際し、従前の地名から「町」の字を省いた例が多いが、当地区について住居表示実施後の地名を「春日」ではなく「春日町」のままとしたのは、文京区春日と区別するためである。[要出典]

町名の変遷[編集]

板橋区成立時の町名改称は以下のとおり[7]

実施後 実施年月日 実施前
練馬春日町一丁目 1932年10月1日 上練馬村大字上練馬字北中ノ宮・中原・東原・下久保・東中ノ宮・海老ヶ谷戶
練馬春日町二丁目 上練馬村大字上練馬字中ノ宮・南中ノ宮・西中ノ宮・尾崎・新場
練馬田柄町二丁目 上練馬村大字上練馬字愛宕原・神明ヶ谷戶・北田柄・前田柄・東田柄・神明久保・北神明・神明原
練馬仲町六丁目 練馬町字北宮・早淵・西早淵・中宮・南宮
実施後 実施年月日 実施前
春日町一丁目 1949年1月1日 練馬春日町一丁目
春日町二丁目 練馬春日町二丁目
田柄町二丁目 練馬田柄町二丁目
仲町六丁目 練馬仲町六丁目
実施後 実施年月日 実施前(各町の一部)
春日町一丁目 1967年1月1日[8] 春日町一丁目、春日町二丁目、仲町六丁目
春日町二丁目 春日町一丁目
春日町三丁目 春日町一丁目、春日町二丁目
春日町四丁目 春日町一丁目、田柄町二丁目
春日町五丁目 春日町二丁目
春日町六丁目

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

  • 練馬春日町駅停留所、農協前停留所、春日町一丁目停留所
    • 上板01系統 - 練馬駅行、上板橋駅行(国際興業バス)
    • 赤01系統 - 練馬駅行、赤羽駅西口行(国際興業バス)
    • 練47系統 - 練馬駅北口行、成増駅南口行(西武バス
    • 練95系統 - 練馬駅行、練馬北町車庫行(国際興業バス)
  • 春日野停留所(国際興業バス)
    • 上板01系統 - 練馬駅行、上板橋駅行
    • 赤01系統 - 練馬駅行、赤羽駅西口行
    • 練95系統 - 練馬駅行、練馬車庫行
  • 田柄一丁目停留所(国際興業バス)
    • 光01・光01-2系統 - 練馬北町車庫行、光が丘駅行、練馬光が丘病院
    • 光02系統 - 池袋駅東口行、光が丘駅行
    • 光03・光03-2系統 - 練馬区役所前行、光が丘駅行、練馬光が丘病院行
    • 光04系統 - 練馬北町車庫行、光が丘駅行

道路[編集]

施設[編集]

春日町一丁目[編集]

春日町二丁目[編集]

春日町三丁目[編集]

春日町四丁目[編集]

春日町五丁目[編集]

春日町六丁目[編集]

尾崎豊が幼少期を過ごす[編集]

シンガーソングライター、尾崎豊が小学校5年生まで過ごした家があった。彼は近くの練馬区立田柄第二小学校、同練馬東中学校に通った。13歳のころ朝霞からギターを担ぎ、旧実家の前の通称ボロ公園でよく歌った。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 練馬区統計書 - 町丁別土地面積、気温、降水量の推移、住民基本台帳による世帯数と人口など”. 練馬区 (2016年10月1日). 2018年1月4日閲覧。
  2. ^ a b 世帯と人口(人口統計) - 町丁目別”. 練馬区 (2017年12月5日). 2018年1月4日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月4日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月4日閲覧。
  5. ^ 区立小中学校 学区域一覧”. 練馬区 (2017年8月24日). 2018年1月4日閲覧。
  6. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  7. ^ 東京市新區町名地番表 - 国立国会図書館近代デジタルライブラリー
  8. ^ 1967年(昭和42年)3月17日自治省告示第56号「住居表示が実施された件」
  9. ^ 練馬春日町”. 東京都交通局. 2020年9月11日閲覧。