春日部実景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
春日部実景
時代 鎌倉時代
生誕 不明
死没 1247年宝治元年)
父母 春日部実平
春日部実秀
春日部広実
春日部三郎

春日部 実景(かすかべ さねかげ)は鎌倉時代中期の武蔵国武将鎌倉幕府御家人

人物[編集]

武蔵国春日部浜川戸を拠点とし、父春日部実平と共に鎌倉幕府に仕えた。吾妻鏡に甲斐前司とあることから、かつては甲斐国 (現在の山梨県の一部)の国司を務めていたものと思われる。幕府内の内乱宝治合戦宇都宮氏毛利氏関氏らと共に三浦氏に味方し破れ、鎌倉の法華堂で春日部実秀、春日部広実、春日部三郎息子3人共々自害した。息子たちが任命されていた美濃国地頭職は幕府により全て没収された。吾妻鏡ではその後、紀伊国から孫の春日部重行が武蔵国に迎え入れられたと記されている。伏見稲荷大社勧請し春日部浜川戸に春日部稲荷神社を創建した。

参考文献[編集]

  • 春日部市史第2巻古代・中世史料編

関連項目[編集]