春江町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
はるえちょう
春江町
廃止日 2006年3月20日
廃止理由 新設合併
三国町丸岡町春江町坂井町坂井市
現在の自治体 坂井市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 福井県
坂井郡
市町村コード 18365-2
面積 24.47km2
総人口 23,968
国勢調査、2005年)
隣接自治体 坂井町丸岡町福井市
町の木 イチイ
町の花 ユリ
春江町役場
所在地 910-0492
福井県坂井郡春江町随応寺17号10番地
旧春江町役場(現在は坂井市役所春江総合支所)
座標 北緯36度08分01秒 東経136度13分10秒 / 北緯36.13369度 東経136.2195度 / 36.13369; 136.2195座標: 北緯36度08分01秒 東経136度13分10秒 / 北緯36.13369度 東経136.2195度 / 36.13369; 136.2195
旧・春江町の位置
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

春江町(はるえちょう)は、かつて福井県坂井郡にあった。2006年(平成18年)3月20日、坂井郡内3町との合併により坂井市となった。

福井県北部にあり、福井平野の中央に位置していた。古くから稲作繊維工業が盛んだった。近年には宅地造成が進んで福井市ベッドタウンとなり、人口増加率は福井県有数だった。2005年(平成17年)国勢調査による平均年齢は41.7歳であり、福井県の自治体ではもっとも若かった。

地理[編集]

福井平野に位置しているため全域が平地であり、山岳は存在しなかった。

地形[編集]

隣接していた市町村[編集]

歴史[編集]

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により、坂井郡境村・為国村・沖布目村・大針村・江留上村・江留下村・随応寺村・江留中村・藤鷲塚村・千歩寺村・中庄村・本堂村・西太郎丸村・東太郎丸村・針原村・田端村・高江村・松木村・金剛寺村・安沢村の区域をもって春江村が発足。
  • 1942年(昭和17年)4月3日 - 町制施行して春江町となる。
  • 1955年(昭和30年)3月30日 - 磯部村の一部(大字中筋・定重および、それぞれ出垣内の区域を除く大字正蓮花・寄安)を編入。
  • 1955年(昭和30年)3月31日 - 大石村と合併し、改めて春江町が発足。
  • 1964年(昭和39年)5月1日 - 坂井町と境界変更。
  • 1967年(昭和42年)8月1日 - 丸岡町と境界変更。
  • 2006年(平成18年)3月20日 - 坂井町丸岡町三国町と合併して坂井市が発足。同日春江町廃止。

行政[編集]

歴代町長[編集]

  • 合併時の町長 渡辺一成(2005年5月~2006年3月)

姉妹都市・提携都市[編集]

経済[編集]

総面積のほぼ半分が水田であり、稲作が盛んだった。幹線道路沿いには郊外型商業施設が建ち並んでいた。

産業人口[編集]

2005年国勢調査

  • 第1次産業 0502人
  • 第2次産業 5211人
  • 第3次産業 7172人

交通[編集]

空港[編集]

鉄道路線[編集]

中心となる駅 : 春江駅

JR西日本
北陸本線:春江駅
えちぜん鉄道
三国芦原線太郎丸駅 - 西春江駅 - 西長田駅

バス路線[編集]

京福バス
福井駅から町内への路線、町内を通り丸岡町、および坂井町の西端部を経て三国町へ向かう路線を運行

道路[編集]

高速道路
町内のインターチェンジ:なし(最寄のインターチェンジは北陸自動車道丸岡インターチェンジ
一般国道
なし
都道府県道
福井県道・石川県道5号福井加賀線
福井県道10号丸岡川西線
福井県道20号三国春江線
福井県道29号福井金津線
福井県道30号福井丸岡線
福井県道102号春江川西線
福井県道103号福井三国線
福井県道108号春江丸岡線
福井県道160号板倉高江線
福井県道163号高江針原線
福井県道234号福井空港線

教育[編集]

小学校[編集]

坂井市発足後には坂井市立春江東小学校が開校している。

中学校[編集]

高等学校[編集]

娯楽[編集]

  • 春江劇場 - 映画館

出身有名人[編集]

参考文献[編集]

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。

関連項目[編集]