春田尚徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「春田尚憄」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

春田 尚徳(はるた ひさよし、1943年[1] - )は、元官僚大学教員工学博士東京大学)。専門は都市政策・経済政策経営管理

経歴[編集]

1966年 東京大学工学部都市工学科[2]卒業[3]後、経済企画庁(名古屋大学へ赴任前に総括主任研究官[4]を歴任)に入り、国土庁(計画調節局計画課長[5]などを歴任)、大蔵省国連事務局人間居住委員会[6]通産省等に勤務。途中でハーバード大学大学院留学、ペンシルベニア大学大学院修了。その後、名古屋大学工学部教授(途中より建築学科長)、会社社長多摩大学経営情報学部[7]・大学院経営情報学研究科教授(いずれも1999年度~2012年度)、中央大学兼任講師[8]。その他、慶應義塾大学清華大学[9]中国西部地域振興政策研究委員、日越・日ポーランド・日ウズベキスタン・日モンゴル・日グルジア中枢政策支援協力など。

著書[編集]

  • 『日本の都市化と社会変動』名古屋大学出版会。
  • 『政治理論と公共政策』(共著)新評論社。
  • 中小企業流通業務効率化促進法(共著)第123回通常国会。
  • 日米MOSS協議中間報告(共著)日米両国政府。
  • Innovative Methods and Experience in Development Planning, UNESCO

関連人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ WebcatPlus
  2. ^ 1期生。
  3. ^ 同期に上野公成梅沢忠雄小林重敬、藤吉洋一郎(NHK解説委員大妻女子大学文学部コミュニケーション文化学科教授)
  4. ^ 経済分析
  5. ^ 再開発コーディネーター協会
  6. ^ 1980年代のニュースレター
  7. ^ 講義ではたびたび「現在は過去のすべてからできている」「本当に重要なことは感じること」「多くの問題は成功の結果起きる」の持論を述べていた(多摩大学 経営情報学部カリキュラム 問題解決学)。
  8. ^ 中央大学基幹科目
  9. ^ 後者で講義経験がある。
  10. ^ 前静岡県知事・石川嘉延さんとの対談