春秋会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

春秋会(しゅんじゅうかい)は、自由民主党の派閥。創設者は河野一郎。通称、河野派森(清)派園田派

概要[編集]

1956年、河野一郎を中心に結成され、以後、河野の指導力の下に派閥が運営された。池田内閣の初期には非主流派となり、河野新党結成を画策するも、断念。1964年に河野は病気で退陣した池田勇人の後継を巡って佐藤栄作と争うも敗れ、失意のうちに翌年、病死する。

河野の死後はしばらく集団指導体制で派閥を維持したが、1966年佐藤再選を巡り、中曽根康弘中村梅吉野田武夫ら反佐藤路線グループと重政誠之森清園田直ら親佐藤路線グループの対立が激化。中曽根系(新政同志会)が春秋会から出て行く形で派閥が分裂した。

その後派閥は森清が会長に就任するが、1968年に死去。園田が引き継ぐも、河野一郎の後継者である河野洋平が中曽根派に入り、宇野宗佑藤波孝生らが次々に勢力を拡大していた中曽根派へと移って、派閥が細って党内影響は低下していった。そして福田赳夫と近しい関係から、1972年に解散し、福田派に合流した。

関連項目[編集]