春風亭一之輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
春風亭 一之輔しゅんぷうてい いちのすけ
本名 川上 隼一
生年月日 (1978-01-28) 1978年1月28日(41歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県野田市
師匠 春風亭一朝
弟子 春風亭きいち
春風亭与いち
春風亭いっ休
名跡 1. 春風亭朝左久(2001年 - 2004年)
2. 春風亭一之輔(2004年 - )
出囃子 さつまさ
活動期間 2001年 -
2001年:春風亭一朝に入門
所属 落語協会
公式サイト いちのすけえん
受賞歴
第10回岡本マキ賞受賞
NHK新人演芸大賞落語部門大賞受賞
文化庁芸術祭大衆芸能部門新人賞
国立演芸場花形演芸大賞、ほか

春風亭 一之輔(しゅんぷうてい いちのすけ、1978年1月28日 - )は、落語協会所属の落語家。千葉県野田市出身。本名は川上 隼一かわかみ としかず出囃子は『さつまさ』(二つ目時代は『戻り駕籠』)。は『中蔭光琳蔦』。血液型A型[1]

略歴[編集]

人物・芸風[編集]

200を超える持ちネタがあり、滑稽噺から人情噺まで広く古典落語を演じる落語家。独自のくすぐりや現代的なギャグを盛り込むなど、随所に創意工夫を織り込んだ独創的な高座が特徴。また熊さん八つぁんや隠居など、古典落語の登場人物のキャラクター設定を今風に変えるなど、現代の人にもとっつきやすい落語を演じることで知られる。

当代きっての人気を誇り、年間900席もの高座をこなすなど、寄席、ホール落語問わず精力的に活動している[4]

得意ネタ[編集]

など

メディア活動[編集]

テレビ出演[編集]

ラジオ出演[編集]

広告[編集]

  • ユニクロ 「ヒートテック「春風亭一之輔」篇(2014年11月 - )[7]

ウェブサイト[編集]

コンピューター・ソフトウェア[編集]

  • いちのすけ亭(iPhone、iPad)

CD[編集]

著書[編集]

  • 一之輔、高座に粗忽の釘を打つ(2012年8月4日、白夜書房 落語ファン倶楽部新書) ISBN 978-4861919138
  • 春風亭一之輔の、いちのいちのいち( 2017年3月27日、小学館 キッチンミノル)ISBN 978-4096822388
  • 春風亭一之輔のおもしろ落語入門(2016年3月30日、小学館)ISBN 978-4092271821

弟子[編集]

  • 春風亭きいち[8]
  • 春風亭与いち
  • 春風亭いっ休
  • 春風亭貫いち

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ PROFILE NIPPON COLUMBIA
  2. ^ スペシャルインタビュー春風亭一之輔(落語系情報サイトHANASHI)”. 2016年8月18日閲覧。
  3. ^ 春風亭一之輔さんが第1位 若手落語家コンペ”. 47NEWS (2008年10月7日). 2012年9月14日閲覧。
  4. ^ NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』
  5. ^ 山崎樹範と週替わりで担当。
  6. ^ 落語ディーパー!~東出・一之輔の噺(はなし)のはなし~
  7. ^ ヒートテック「春風亭一之輔」篇 - MONSTERFILMS”. 株式会社ティー・ワイ・オー モンスター事業部. 2017年4月13日閲覧。
  8. ^ 春風亭きいち(落語協会)”. 2017年4月12日閲覧。