春風亭昇也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
春風亭しゅんぷうてい 昇也しょうや
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}春風亭(しゅんぷうてい) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}昇也(しょうや)
春風亭昇也定紋「五瓜に唐花
本名 松本まつもと 和也かずや
生年月日 (1982-06-18) 1982年6月18日(38歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県野田市
師匠 春風亭昇太
名跡 1. 春風亭昇也
(2008年 - )
出囃子 東京節(パイのパイのパイ)
活動期間 2008年 -
活動内容 落語家
所属 落語芸術協会
受賞歴
2017年 読売杯争奪激突二ツ目バトル 優勝
2018年 平成29年度彩の国落語大賞 受賞
2019年 北とぴあ若手落語家競演会大賞 受賞
松本まつもと 和也かずや
最終学歴 東京アナウンス学院
コンビ名 メロンソーダ
グループ名 猿楽町スポーツ専門店
相方 林本啓祐
活動時期 2001年 - 2007年
テンプレートを表示

春風亭 昇也(しゅんぷうてい しょうや、1982年6月18日 - )は、落語芸術協会所属の落語家出囃子東京節(パイのパイのパイ)[1]

本名及び漫才師時代の旧芸名∶松本まつもと 和也かずや

千葉県野田市出身。東京アナウンス学院卒業。

経歴[編集]

人物[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

逸話[編集]

  • 2019年6月30日に師匠の昇太が、「笑点」生放送で結婚の発表をしたが、弟子の昇也は木更津での公演後、海ほたるでの食事中にテレビの生放送を見て、事実を初めて知った。直後、一門弟子のライングループで確認を取ったところ、昇太一門の弟子全員が、師匠の結婚を発表されるまで知らされていなかったため、ライングループがしばらくパニック状態に陥ったという。公演に同行していた講談師神田鯉栄が、その時の昇也の様子をブログに記録している[3]
  • BSでの笑点スピンオフ番組「笑点 特大号」に若手大喜利メンバーとして出演しているが、2019年9月8日放送分の本家の「笑点」に、脳腫瘍により休演した6代目三遊亭円楽の代役として大喜利に出演した。笑点史上、二ツ目の落語家による大喜利メンバーとしての出演は、1985年当時の7代目桂才賀(当時∶古今亭朝次)以来となった[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 落語芸術協会
  2. ^ 産経新聞2018年3月14日『春風亭昇也さんに「彩の国落語大賞」』
  3. ^ 神田鯉栄 (2019年7月1日). “海ほたるの衝撃”. 神田鯉栄のブログ. ameba blog. 2019年8月20日閲覧。
  4. ^ 「笑点」円楽のピンチヒッターは二ツ目の春風亭昇也 異例の抜てき”. スポーツ報知 (2019年9月2日). 2019年9月22日閲覧。