昭和インターチェンジ (山形県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
昭和インターチェンジ
所属路線 E13 泉田道路東北中央自動車道
起点からの距離 201.2 km(相馬IC起点)
新庄北IC(仮称) (8.2 km)
所属路線 E13 新庄金山道路(東北中央自動車道)
金山南IC(仮称・事業中)
接続する一般道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
山形県道319号標識
山形県道319号赤坂真室川線
供用開始日 2020年(令和2年)度(予定)
所在地 999-5101
山形県新庄市昭和
テンプレートを表示

昭和インターチェンジ(しょうわインターチェンジ)とは、山形県新庄市昭和に建設中の、泉田道路新庄金山道路東北中央自動車道並行する一般国道自動車専用道路[1][2])のインターチェンジである。

歴史[編集]

周辺[編集]

  • 新庄横根山工業団地

接続する道路[編集]

  • 直接接続
    • 山形県道319号赤坂真室川線[6]
  • 間接接続

料金所[編集]

供用開始後は国土交通省管轄の無料道路区間となる予定のため、料金所の設置はされない予定。

[編集]

E13 泉田道路東北中央自動車道
新庄北IC(事業中) - 昭和IC(事業中)
E13 新庄金山道路(東北中央自動車道)
昭和IC(事業中) - 金山南IC(事業中)
  • ICの名称はすべて仮称である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高規格幹線道路・地域高規格道路 - 国道13号 泉田道路”. 国土交通省 東北地方整備局 山形河川国道事務所. 2017年2月23日閲覧。
  2. ^ 山形県の高速道路 (PDF)”. 山形県 県土整備部 道路整備課 高速道路整備推進室. p. 2 (2015年7月). 2017年2月22日閲覧。
  3. ^ 国道13号 泉田道路 起工式のお知らせ 〜東北中央自動車道・北へとつなぐ第一歩〜 (PDF)”. 国土交通省 山形河川国道事務所 (2014年8月27日). 2016年12月31日閲覧。
  4. ^ 平成25年度 東北地方整備局の事業概要 (PDF)”. p. 14 (2013年5月16日). 2017年2月24日閲覧。
  5. ^ 国交省が新庄金山道路を事業化 5.8キロ分の調査設計に1億円配分”. 株式会社 山形新聞社 (2015年4月10日). 2016年12月31日閲覧。
  6. ^ 一般国道13号 泉田道路 (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 山形河川国道事務所. p. 6. 2011年9月15日閲覧。

関連項目[編集]