昭和放浪記 (水前寺清子の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
昭和放浪記
水前寺清子シングル
B面 祭りになればいい
リリース
規格 7インチシングル盤
録音 1972年9月6日
ジャンル 演歌
時間
レーベル クラウンレコード
作詞・作曲 作詞:阿久悠[1]
作曲:小林亜星
水前寺清子 シングル 年表
大逆転のマーチ
(1972年)
昭和放浪記
1972年
指言葉の歌
(1972年)
テンプレートを表示

昭和放浪記」(しょうわほうろうき)は、1972年10月にリリースされた水前寺清子の48枚目のシングルレコードである。発売元はクラウンレコード。オリジナル7インチシングル盤規格品番:CW-1280。

解説[編集]

1972年9月6日録音[2]

本作で水前寺は1972年第23回NHK紅白歌合戦』に出場。作詞をした阿久悠は〝伝説的な大ヒットと囁かれたものだが、結局は隠れた名曲どまりであった〟と後年述べている[3]

作中の “お守り” と云う部分は当初 “お金” であったが、売春を思わせるとマズイため、書き改められた[3]

本作は売り上げこそ伸びなかったが評判は残り、この作詞作曲コンビを都はるみ陣営が目をつけ、1975年に「北の宿から」で大ヒットを記録することとなる[3]

作曲と編曲のコンビは翌年、『ドロロンえん魔くん主題歌で組んでいる。

収録曲[編集]

※全作詞[1]: 阿久悠、全作曲: 小林亜星

  1. 昭和放浪記(3分32秒)
    • 編曲: 小杉仁三
  2. 祭りになればいい(3分19秒)

脚注[編集]

  1. ^ a b 原典においては「作詩」と表記。
  2. ^ 「昭和放浪記」7インチシングル盤:CW-1280 歌詞カードに表記。
  3. ^ a b c 阿久悠. “あまり売れなかったが なぜか愛しい歌 第41回”. 阿久悠オフィシャル・ウェブサイト「あんでぱんだん」. 2018年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月12日閲覧。

関連項目[編集]