昭和残侠伝 死んで貰います

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
昭和残侠伝 死んで貰います
監督 マキノ雅弘
脚本 大和久守正
出演者 高倉健
藤純子
下沢広之
加藤嘉
池部良
永原和子
荒木道子
音楽 菊池俊輔
撮影 林七郎
製作会社 東映東京撮影所 
配給 東映
公開 日本の旗 1970年9月22日
上映時間 92分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 2億円[1]
前作 昭和残侠伝 人斬り唐獅子
次作 昭和残侠伝 吼えろ唐獅子
テンプレートを表示

昭和残侠伝 死んで貰います』(しょうわざんきょうでん しんでもらいます)は、1970年9月22日に公開された日本の長篇劇映画、仁侠映画である。昭和残侠伝シリーズの第7作品として1970年に公開された。監督はマキノ雅弘、主演は高倉健。チーフ助監督を澤井信一郎が務めた。

ストーリー[編集]

東京下町。古い暖簾を誇る料亭「喜楽」に生まれた秀次郎(演:高倉健)は、父が後妻をめとり妹が生まれたとき、家を出て渡世に身を沈めた。血のにじむような苦労が続く駈け出し時代の数年。ある寒い夜、秀次郎はなけ無しの金をはたいて挑戦した勝負でイカサマとも知らず無一文になり、雨をしのいで銀杏の木の下にうずくまっていた。その時出会ったのが、芸者になったばかりの貧しい娘・幾江(演:富司純子)だった。それから三年、押しも押されもせぬ堂々たる渡世人になった秀次郎は、イカサマ師とのごたごたで刑を受ける身となった。時は流れ、秀次郎の服役中に関東大震災が起き、「喜楽」は一家離散の瀬戸ぎわにと追い込まれるが、これを支えていたのは板前の風間重吉(演:池部良)と小父の寺田(演:中村竹弥)だった。大震災を境いに新しい近代都市として生まれ変っていく東京。「喜楽」もまた、苦しい内情とは裏腹に、木の香も匂う真新しい建物となった。昭和二年、出所した秀次郎は偽名で板前として働くこととなり、その姿を寺田は涙の出る思いで見守っていた。一方幾江は売れっ妓芸者となって秀次郎の帰りを待っていて、重吉と寺田の計いで二人は七年ぶりに再会する。そんな頃、寺田一家のシマを横取りしようとことあるごとに目を光らせていた新興博徒の駒井(演:諸角啓二郎)が、「喜楽」を乗っとろうとしていた。秀次郎の義弟・タケシ(演:松原光二)は相場に手を染め、むざむざと「喜楽」の権利書を取り上げられてしまう。それを買い戻す交渉に出かけた寺田が、帰り道で襲撃され殺される。駒井の執拗な挑発に耐えてきた秀次郎だが、かけがえのない恩人の死に、ついに怒りを爆発。重吉と共に駒井のもとに殴りこみ、駒井をたたっ斬るのだった。

 備考 [編集]

  •  アニメ『ルパン三世』第5話「十三代五ヱ門登場」で剣の達人である十三代目石川五ヱ門に変装して近づいたルパンだが、五ヱ門の口から近々「ルパン三世を斬る」事を知らされ、五ヱ門が部屋を離れた隙に退却しようとしたルパンだが、ふすまを開けると畳に大きく「死んで貰います」という文字が描かれていてギョッとする場面がある。
  •  ちばあきお著『キャプテン』第4巻「対青葉再試合決定!?の巻」で取材に来た新聞記者たちに自己紹介としてセカンドの丸井が趣味は映画をみにいくことを挙げ、「最近でいえばえーと、あのなんてったかなあ、さんのでた、ほらあの『死んでもらいます』っていうやつ」と答える場面がある。

キャスト[編集]

以下ノンクレジット

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)274頁