昭和町通停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
昭和町通停留場
赤迫方面行きのホーム 長崎駅前方面のホームは無い
赤迫方面行きのホーム
長崎駅前方面のホームは無い
しょうわまちどおり
Showamachi-dori
住吉 (0.2km)
(0.1km) 千歳町
所在地 長崎県長崎市中園町1番地先
駅番号 13A
所属事業者 長崎電気軌道
所属路線 本線(1号系統・□2号系統3号系統
キロ程 0.3km(住吉起点)
赤迫から0.5km
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
800人/日
-2015年-
開業年月日 1960年(昭和35年)5月8日
備考 赤迫ゆきのみ停車
テンプレートを表示

昭和町通停留場(しょうわまちどおりていりゅうじょう、昭和町通電停)は、長崎県長崎市中園町にある長崎電気軌道本線の路面電車停留場。駅番号は13A1号系統2号系統3号系統赤迫方面行きのみが停車する。表記は「昭和町通り」とも。

歴史[編集]

昭和町通停留場が開業したのは1960年(昭和35年)[1]。当初は赤迫方面行きのホームと長崎駅前方面行きのホームが横断歩道橋によって接続されていた[1][2]。その歩道橋は1998年(平成10年)、付近にある国道206号住吉交差点の渋滞緩和のための拡幅工事に合わせて撤去[2][3]。この時長崎電気軌道の停留場の統廃合も行われ、当停留場の長崎駅前方面行きの乗り場が廃止された[3]。赤迫方面行きの乗り場もいったん撤去されたが[1]、こちらは休止でありのちに北へと移設したうえで復活[2][3]。以降当停留場は赤迫方面行きの列車のみが停車する停留場となっている。なお、長崎駅前方面行きの乗り場の廃止に合わせて、当停留場の隣には新たに千歳町停留場が開業している[3]

年表[編集]

構造[編集]

昭和町通停留場は併用軌道区間にあり、道路上にホームがある[5][6]。ホームは赤迫方面行きの1面のみで、軌道の片側(赤迫寄りから見て右側)に置かれる(単式ホーム[6]。ホーム幅は1.6メートルと車椅子の利用にも余裕を持たせ、また道路とはスロープで連絡するなど、バリアフリーを考慮した造りとなっている[1]

長崎駅前方面行きのホームがあったころは交差点を挟んで互いのホームが離れていて、両ホームは横断歩道橋で結ばれていた。

利用状況[編集]

長崎電軌の調査によると1日の乗降客数は以下の通り。2つ先が終点の赤迫停留場であるため、当停留場から乗車する人は非常に少なく、降車客がほとんどである[2]

  • 1998年 - 1,080人[1]
  • 2015年 - 800人[7]

周辺[編集]

バス路線[編集]

長崎バス県営バスの「住吉」バス停留所がある。滑石・時津・満永・琴海・西海市方面の乗り場はやや北にあり、隣の住吉停留場に近い。

隣の停留場[編集]

長崎電気軌道
本線(1号系統・□2号系統・3号系統)
住吉停留場(12) - 昭和町通停留場(13A) - 千歳町停留場(13)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 田栗 & 宮川 2000, pp. 45–46.
  2. ^ a b c d 田栗 2005, p. 59.
  3. ^ a b c d e “渋滞の解消へ、電停を統廃合 長崎市の路面電車”. 朝日新聞(地方版・長崎) (朝日新聞西部本社). (1998年5月8日) 
  4. ^ a b c 今尾 2009, p. 57.
  5. ^ 100年史, p. 130.
  6. ^ a b 川島 2013, p. 44.
  7. ^ 100年史, p. 124.

参考文献[編集]

  • 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』12 九州沖縄、新潮社、2009年。ISBN 978-4-10-790030-2。
  • 川島令三 『四国・九州ライン 全線・全駅・全配線』第5巻 長崎・佐賀エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2013年。ISBN 978-4-06-295161-6。
  • 田栗優一 『長崎「電車」が走る街今昔』 JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2005年。ISBN 4-533-05987-2。
  • 田栗優一、宮川浩一 『長崎のチンチン電車』 葦書房、2000年。ISBN 4-7512-0764-4。
  • 長崎電気軌道株式会社 『長崎電気軌道100年史』、2016年。

関連項目[編集]