昭和43年台風第7号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
台風第7号(Polly、ポリー)
トロピカル・ストームSSHWS
台風第7号の進路図
台風第7号の進路図
発生期間 1968年8月7日 9:00
- 17日 21:00
寿命 10日12時間
最低気圧 965 hPa (mbar)
最大風速
(日気象庁解析)
30m/s
最大風速
米海軍解析)
55 knot
死傷者数 死者112名
被害地域 日本
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

昭和43年台風第7号(しょうわ43ねんたいふうだい7ごう、国際名:ポリー/Polly)は1968年(昭和43年)8月7日に発生し、日本に被害をもたらした台風である。

進路[編集]

8月3日21時に日本のはるか南東の海上で熱帯低気圧が発生。8月7日9時に南鳥島近海の北緯24度2分、東経155度6分で台風第7号(ポリー/Polly)になった。台風は日本列島へ向けて西北に進み、11日3時には本州の南海上まで進み、その後はゆっくりと南西へと進んで13日9時には徳之島へ中心気圧985hPaで接近した。台風は沖縄近海で速度が落ち、13日9時~15日15時にかけて東シナ海で停滞。14日21時には進路を北東に変えて九州に、16日15時に対馬へ中心気圧970hPaで接近し、同日18時には日本海へと抜け、17日21時に沿海地方の北緯45度4分、東経135度8分の地点で温帯低気圧に変わった。この台風の影響で九州北部沖では船舶被害が発生し、17日夜から18日にかけては台風崩れの低気圧から延びる寒冷前線の影響で大気の状態が不安定となり中部地方を中心に大雨となった。この豪雨に見舞われた岐阜県白川町では観光バス2台が土砂崩れに巻き込まれて増水した飛騨川に転落し、104人が亡くなった。(事故の詳細は飛騨川バス転落事故を参照)

被害[編集]

  • 死者112人
  • 行方不明者21人
  • 負傷者63人

記録[編集]

関連項目[編集]