昭和47年全日本6人制バレーボール総合選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
昭和47年全日本6人制バレーボール総合選手権
開始年 1958
終了年 1979
主催 日本バレーボール協会
参加チーム数 男子:56
女子:46
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 男子:日本鋼管
女子:日立武蔵
最多優勝 男子:中央大学(6回)
女子:ニチボー貝塚/ユニチカ貝塚(10回)
テンプレートを表示

昭和47年全日本6人制バレーボール総合選手権(しょうわ47ねん ぜんにほん6にんせいバレーボールそうごうせんしゅけん)は、1972年11月に行われた第15回目の全日本6人制バレーボール総合選手権である。

男子[編集]

概要[編集]

  • 日程: 優勝大会 - 1972年11月9日 - 11月12日、選手権大会 - 1972年11月21日 - 11月23日。
  • 参加チーム数: 56(うち6チームは選手権大会にシード)
  • 会場:

優勝大会[編集]

試合方式[編集]

参加チームを1組3-4チーム×13組のグループに分けてグループ戦を行う。勝ち抜けしたチームによりトーナメント戦を行い、優勝を決定する。グループ戦およびトーナメント準々決勝までは3セットマッチで準決勝から5セットマッチである。優勝チームおよび準優勝チームは選手権大会に出場する。

参加チーム及び組み分け[編集]

1組 2組 3組 4組 5組 6組 7組
1 日立国分 5 東レ九鱗会 9 東芝電気器具 13 新日鉄釜石 17 鹿児島教員 21 大協石油 25 朝日生命
2 武田薬品光 6 日本ビクター 10 住金和歌山 14 佐世保重工業 18 添上OB 22 日本鉱業佐賀関 26 市川毛織
3 吉田工業 7 近江クラブ 11 二ツ井クラブ 15 千葉教員 19 新陵クラブ 23 日本体育大学 27 松寿クラブ
4 順天堂大学 8 東北学院大学 12 シチズン河口湖 16 大阪学院大学 20 同志社大学 24 大阪商大附高 28 大阪商業大学
8組 9組 10組 11組 12組 13組
29 住友軽金属 33 シチズン時計 37 住友金属 41 新日鉄化学 45 帝人三原 48 新日鉄堺
30 電電中国 34 電電東海 38 神戸製鋼 42 兵庫教員 46 新日鉄室蘭 49 日本化学産業
31 帝人松山 35 岡工クラブ 39 旭化成クラブ 43 日本鉱業水島 47 宮崎教員 50 日本大学
32 白石クラブ 36 小松ETC 40 斐太実クラブ 44 足利工高

グループ戦[編集]

1組
#101
順天堂大学
(千葉県)
2 - 1
(15-6)
(11-15)
(15-8)
武田薬品光
(山口県)
#102
日立国分
(茨城県)
2 - 0
(15-4)
(15-10)
吉田工業
(富山県)
#103
武田薬品光
(山口県)
2 - 0
(15-1)
(16-14)
吉田工業
(富山県)
2組
#104
東レ九鱗会
(静岡県)
2 - 0
(15-6)
(15-0)
近江クラブ
(滋賀県)
#105
日本ビクター
(神奈川県)
2 - 0
(15-6)
(15-0)
東北学院大学
(宮城県)
#106
近江クラブ
(滋賀県)
2 - 1
(15-8)
(4-15)
(15-8)
東北学院大学
(宮城県)
3組
#107
二ツ井クラブ
(秋田県)
2 - 0
(15-9)
(15-3)
東芝電気器具
(群馬県)
#108
住友金属和歌山
(和歌山県)
2 - 1
(12-15)
(15-7)
(15-8)
シチズン河口湖
(山梨県)
#109
シチズン河口湖
(山梨県)
2 - 0
(15-10)
(15-2)
東芝電気器具
(群馬県)
4組
#110
大阪学院大学
(大阪府)
2 - 0
(15-4)
(15-8)
新日鉄釜石
(岩手県)
#111
千葉教員
(千葉県)
2 - 0
(15-6)
(15-3)
佐世保重工業
(長崎県)
#112
佐世保重工業
(長崎県)
2 - 0
(15-7)
(15-2)
新日鉄釜石
(岩手県)
5組
#113
鹿児島教員
(鹿児島県)
2 - 0
(15-10)
(15-3)
添上OB
(奈良県)
#114
同志社大学
(京都府)
2 - 0
(15-10)
(15-8)
新陵クラブ
(新潟県)
#115
添上OB
(奈良県)
2 - 0
(15-7)
(16-14)
新陵クラブ
(新潟県)
6組
#116
大阪商大附属高校
(大阪府)
2 - 1
(15-8)
(15-17)
(15-3)
大協石油
(三重県)
#117
日本体育大学
(東京都)
2 - 0
(15-8)
(15-11)
日本鉱業佐賀関
(大分県)
#118
日本鉱業佐賀関
(大分県)
2 - 0
(15-13)
(15-7)
大協石油
(三重県)
7組
#119
大阪商業大学
(大阪府)
2 - 0
(15-2)
(15-0)
松寿クラブ
(福島県)
#120
朝日生命
(東京都)
2 - 0
(15-5)
(15-10)
市川毛織
(千葉県)
#121
市川毛織
(千葉県)
2 - 0
(15-4)
(15-1)
松寿クラブ
(福島県)
8組
#122
住友軽金属
(愛知県)
2 - 0
(15-2)
(15-1)
白石クラブ
(佐賀県)
#123
電電中国
(広島県)
2 - 0
(15-11)
(15-2)
帝人松山
(愛媛県)
#124
帝人松山
(愛媛県)
2 - 0
(15-5)
(15-3)
白石クラブ
(佐賀県)
9組
#125
岡工クラブ
(長野県)
2 - 1
(10-15)
(15-7)
(15-7)
小松ETC
(石川県)
#126
シチズン時計
(東京都)
2 - 0
(15-5)
(15-9)
電電東海
(愛知県)
#127
電電東海
(愛知県)
2 - 0
(15-2)
(15-12)
小松ETC
(石川県)
10組
#128
住友金属
(福岡県)
2 - 0
(15-0)
(15-1)
斐太実クラブ
(岐阜県)
#129
神戸製鋼
(兵庫県)
2 - 0
(15-5)
(15-7)
旭化成クラブ
(宮崎県)
#130
旭化成クラブ
(宮崎県)
2 - 0
(15-11)
(15-6)
斐太実クラブ
(岐阜県)
11組
#131
兵庫教員
(兵庫県)
2 - 0
(15-5)
(15-6)
日本鉱業水島
(岡山県)
#132
新日鉄化学
(福岡県)
2 - 0
(15-3)
(15-5)
足利工業高校
(栃木県)
#133
日本鉱業水島
(岡山県)
2 - 1
(15-7)
(14-16)
(15-12)
足利工業高校
(栃木県)
12組
#134
帝人三原
(広島県)
2 - 0
(15-1)
(15-4)
宮崎教員
(宮崎県)
#135
新日鉄室蘭
(北海道)
2 - 0
(15-8)
(15-3)
宮崎教員
(宮崎県)
13組
#136
新日鉄堺
(大阪府)
2 - 0
(15-2)
(15-6)
日本大学
(東京都)
#137
新日鉄堺
(大阪府)
2 - 0
(15-3)
(15-9)
日本化学産業
(埼玉県)
#138
日本大学
(東京都)
2 - 0
(15-3)
(15-11)
日本化学産業
(埼玉県)

トーナメント戦[編集]

1回戦
#141
千葉教員 2 - 1
(11-15)
(15-12)
(15-8)
電電中国
#142
市川毛織 2 - 0
(15-0)
(15-0)
添上OB
#143
電電東海 2 - 0
(15-5)
(15-11)
日本鉱業水島
#144
日立国分 2 - 1
(9-15)
(15-11)
(15-12)
同志社大学
2回戦
#145
住友軽金属 2 - 0
(15-6)
(15-2)
千葉教員
#146
新日鉄化学 2 - 0
(15-10)
(15-10)
住友金属和歌山
#147
大阪学院大学 2 - 0
(15-7)
(15-2)
岡工クラブ
#148
神戸製鋼 2 - 0
(15-7)
(15-13)
日本体育大学
#149
シチズン時計 2 - 0
(15-1)
(15-0)
旭化成クラブ
#150
鹿児島教員 2 - 0
(15-8)
(15-2)
新日鉄室蘭
#151
大阪商大附属高校 2 - 1
(13-15)
(16-14)
(15-12)
日本鉱業佐賀関
#152
帝人三原 2 - 0
(15-7)
(15-8)
市川毛織
#153
住友金属 2 - 0
(15-3)
(15-3)
電電東海
#154
佐世保重工業 2 - 0
(15-3)
(15-4)
二ツ井クラブ
#155
日本ビクター 2 - 0
(15-3)
(15-9)
兵庫教員
#156
朝日生命 2 - 0
(15-6)
(15-8)
大阪商業大学
#157
新日鉄堺 2 - 0
(15-5)
(15-1)
シチズン河口湖
#158
日本大学 2 - 0
(15-11)
(15-10)
武田薬品光
#159
順天堂大学 2 - 0
(15-4)
(15-7)
帝人松山
#160
東レ九鱗会 2 - 0
(15-13)
(15-7)
日立国分
3回戦
#161
住友軽金属 2 - 0
(15-10)
(15-8)
新日鉄化学
#162
神戸製鋼 2 - 0
(15-4)
(15-4)
大阪学院大学
#163
シチズン時計 2 - 0
(15-7)
(15-6)
鹿児島教員
#164
帝人三原 2 - 0
(15-10)
(15-12)
大阪商大附属高校
#165
住友金属 2 - 0
(15-13)
(15-2)
佐世保重工業
#166
朝日生命 2 - 1
(15-9)
(9-15)
(15-3)
日本ビクター
#167
新日鉄堺 2 - 0
(15-8)
(15-9)
日本大学
#168
東レ九鱗会 2 - 0
(15-5)
(15-9)
順天堂大学
準々決勝
#169
住友軽金属 2 - 0
(15-7)
(15-5)
神戸製鋼
#170
シチズン時計 2 - 0
(15-0)
(15-13)
帝人三原
#171
住友金属 2 - 0
(15-5)
(16-14)
朝日生命
#172
東レ九鱗会 2 - 0
(15-11)
(16-14)
新日鉄堺
準決勝
#173
住友軽金属 3 - 0
(15-8)
(15-5)
(15-5)
シチズン時計
#174
住友金属 3 - 0
(15-6)
(15-8)
(15-8)
東レ九鱗会
決勝
#175
住友軽金属 3 - 2
(6-15)
(15-5)
(7-15)
(15-7)
(15-13)
住友金属

選手権大会[編集]

参加チーム[編集]

No. チーム名 備考
1 日本鋼管 シード
2 富士フイルム
3 松下電器
4 専売広島
5 法政大学
6 旭化成
7 住友軽金属 優勝大会:優勝
8 住友金属 優勝大会:準優勝

準々決勝[編集]

#181 1972年11月22日
日本鋼管 3 - 0
(15-6)
(15-0)
(15-7)
住友金属 大阪市中央体育館
#182 1972年11月22日
専売広島 3 - 1
(12-15)
(15-12)
(15-11)
(15-5)
旭化成 大阪市中央体育館
#183 1972年11月22日
冨士フイルム 3 - 1
(15-9)
(13-15)
(15-9)
(15-9)
住友軽金属 大阪市中央体育館
#184 1972年11月22日
松下電器 3 - 0
(15-4)
(15-8)
(15-4)
法政大学 大阪市中央体育館

準決勝[編集]

#185 1972年11月23日
日本鋼管 3 - 0
(15-11)
(15-3)
(15-6)
専売広島 大阪市中央体育館
#186 1972年11月23日
松下電器 3 - 1
(12-15)
(15-8)
(15-6)
(16-14)
冨士フイルム 大阪市中央体育館

決勝[編集]

#187 1972年11月24日
日本鋼管 3 - 1
(15-4)
(11-15)
(15-11)
(15-9)
松下電器 大阪市中央体育館

最終順位[編集]

順位 チーム名 備考
優勝 日本鋼管 3年連続4度目
準優勝 松下電器
3位 富士フイルム
3位 専売広島

女子[編集]

概要[編集]

  • 日程: 優勝大会 - 1972年11月9日 - 11月12日、選手権大会 - 1972年11月26日 - 11月28日。
  • 参加チーム数: 46(うち6チームは選手権大会にシード)
  • 会場:

優勝大会[編集]

試合方式[編集]

参加チームを1組3-4チーム×10組のグループに分けてグループ戦を行う。勝ち抜けしたチームによりトーナメント戦を行い、優勝を決定する。グループ戦およびトーナメント準々決勝までは3セットマッチで準決勝から5セットマッチである。優勝チームおよび準優勝チームは選手権大会に出場する。

参加チーム及び組み分け[編集]

1組 2組 3組 4組 5組
1 長野教員クラブ 5 日立茂原 9 東洋工業 13 東レ三島 17 ソニー大崎
2 山形城北女高 6 東芝鶴見 10 池坊短大 14 武庫川女子大学 18 電電神戸
3 宇治山田高校 7 大館桂高校 11 真岡女高 15 中津南高校 19 石川繊維
4 福井農林高校 8 今治明徳高校 12 磐城第一高校 16 中村高校 20 長岡商業高校
6組 7組 8組 9組 10組
21 倉紡倉敷 25 富士フイルム 29 全鐘紡 33 日本鋼管 37 久光製薬
22 日立多賀 26 不二越 30 石川島播磨重工呉 34 武田薬品 38 東レ九鱗会
23 新日鉄堺 27 就実高校 31 橋爪商事 35 海南鋼管クラブ 39 住友軽金属
24 北海道女子短大 28 千葉明徳高校 32 増穂商業高校 36 岐阜女子高校 40 国東高校

グループ戦[編集]

1組
#201
長野教員クラブ
(長野県)
2 - 0
(15-10)
(15-11)
宇治山田高校
(三重県)
#202
山形城北女子高校
(山形県)
2 - 0
(15-6)
(15-6)
福井農林高校
(福井県)
#203
宇治山田高校
(三重県)
2 - 0
(15-12)
(15-7)
福井農林高校
(福井県)
2組
#204
日立茂原
(千葉県)
2 - 0
(15-0)
(15-1)
大館桂高校
(秋田県)
#205
東芝鶴見
(神奈川県)
2 - 0
(15-3)
(15-9)
今治明徳高校
(愛媛県)
#206
大館桂高校
(秋田県)
2 - 1
(15-6)
(9-15)
(17-15)
今治明徳高校
(愛媛県)
3組
#207
真岡女子高校
(栃木県)
2 - 0
(15-8)
(15-7)
磐城第一高校
(福島県)
#208
池坊短期大学
(京都府)
2 - 0
(15-7)
(15-9)
東洋工業
(広島県)
#209
東洋工業
(広島県)
2 - 0
(15-7)
(15-1)
磐城第一高校
(福島県)
4組
#210
中津南高校
(大分県)
2 - 0
(15-2)
(15-11)
中村高校
(東京都)
#211
東レ三島
(静岡県)
2 - 0
(15-7)
(16-14)
武庫川女子大学
(兵庫県)
#212
武庫川女子大学
(兵庫県)
2 - 0
(15-11)
(15-6)
中村高校
(東京都)
5組
#213
ソニー大崎
(東京都)
2 - 0
(15-11)
(18-16)
石川繊維
(石川県)
#214
電電神戸
(兵庫県)
2 - 0
(15-2)
(15-5)
長岡商業高校
(新潟県)
#215
石川繊維
(石川県)
2 - 0
(15-1)
(15-2)
長岡商業高校
(新潟県)
6組
#216
倉紡倉敷
(岡山県)
2 - 0
(15-2)
(16-14)
新日鉄堺
(大阪府)
#217
日立製作所多賀
(茨城県)
2 - 1
(1-15)
(15-8)
(15-1)
北海道女子短期大学
(北海道)
#218
新日鉄堺
(大阪府)
2 - 0
(15-1)
(15-2)
北海道女子短期大学
(北海道)
7組
#219
就実高校
(岡山県)
2 - 0
(15-4)
(17-15)
不二越
(富山県)
#220
富士フイルム
(神奈川県)
2 - 0
(15-9)
(15-2)
千葉明徳高校
(千葉県)
#221
千葉明徳高校
(千葉県)
2 - 0
(15-7)
(15-9)
不二越
(富山県)
8組
#222
全鐘紡
(三重県)
2 - 0
(15-3)
(15-4)
増穂商業高校
(山梨県)
#223
石川島播磨重工呉
(広島県)
2 - 0
(15-2)
(15-7)
橋爪商事
(岩手県)
#224
増穂商業高校
(山梨県)
2 - 0
(15-11)
(15-13)
橋爪商事
(岩手県)
9組
#225
武田薬品
(山口県)
2 - 0
(15-5)
(15-2)
岐阜女子高校
(岐阜県)
#226
日本鋼管
(神奈川県)
2 - 0
(15-6)
(15-4)
海南鋼管クラブ
(和歌山県)
#227
海南鋼管クラブ
(和歌山県)
2 - 0
(15-0)
(15-7)
岐阜女子高校
(岐阜県)
10組
#228
東レ九鱗会
(滋賀県)
2 - 0
(15-6)
(15-5)
国東高校
(大分県)
#229
久光製薬
(佐賀県)
2 - 1
(15-13)
(10-15)
(15-10)
住友軽金属
(愛知県)
#230
住友軽金属
(愛知県)
2 - 0
(15-9)
(15-5)
国東高校
(大分県)

トーナメント戦[編集]

1回戦
#241
武庫川女子大学 2 - 0
(15-10)
(15-0)
千葉明徳高校
#242
石川島播磨重工呉 2 - 0
(15-6)
(15-1)
就実高校
#243
増穂商業高校 2 - 0
(15-7)
(15-2)
真岡女子高校
#244
久光製薬 2 - 0
(15-4)
(15-2)
海南鋼管クラブ
#245
新日鉄堺 2 - 0
(15-4)
(15-8)
大館桂高校
#246
池坊短期大学 2 - 0
(15-1)
(15-2)
日立製作所多賀
#247
日本鋼管 2 - 0
(15-11)
(16-14)
東レ三島
#248
富士フイルム 2 - 0
(15-10)
(16-14)
中津南高校
#249
山形城北女子高校 2 - 0
(15-5)
(15-5)
長野教員クラブ
#250
日立茂原 2 - 0
(15-5)
(15-10)
住友軽金属
#251
電電神戸 2 - 0
(15-3)
(15-5)
宇治山田高校
#252
東芝鶴見 2 - 0
(15-7)
(15-7)
東洋工業
#253
石川繊維 2 - 1
(15-12)
(6-15)
(15-8)
東レ九鱗会
#254
ソニー大崎 2 - 0
(15-5)
(15-7)
武田薬品
2回戦
#255
全鐘紡 2 - 0
(15-4)
(15-5)
武庫川女子大学
#256
石川島播磨重工呉 2 - 0
(15-2)
(15-4)
増穂商業高校
#257
久光製薬 2 - 0
(15-3)
(15-9)
新日鉄堺
#258
日本鋼管 2 - 1
(15-2)
(8-15)
(15-11)
池坊短期大学
#259
富士フイルム 2 - 0
(15-2)
(15-7)
山形城北女子高校
#260
電電神戸 2 - 1
(2-15)
(15-13)
(15-9)
日立茂原
#261
石川繊維 2 - 0
(15-7)
(15-4)
東芝鶴見
#262
倉紡倉敷 2 - 1
(8-15)
(16-14)
(15-8)
ソニー大崎
準々決勝
#263
石川島播磨重工呉 2 - 1
(8-15)
(15-10)
(15-11)
全鐘紡
#264
久光製薬 2 - 0
(15-9)
(15-13)
日本鋼管
#265
富士フイルム 2 - 1
(15-8)
(14-16)
(15-10)
電電神戸
#266
倉紡倉敷 2 - 0
(15-13)
(15-4)
石川繊維
準決勝
#267
石川島播磨重工呉 3 - 2
(14-16)
(11-15)
(15-6)
(15-13)
(15-7)
久光製薬
#268
富士フイルム 3 - 1
(15-8)
(15-4)
(10-15)
(15-12)
倉紡倉敷
決勝
#269
富士フイルム 3 - 0
(15-10)
(15-12)
(15-7)
石川島播磨重工呉

選手権大会[編集]

参加チーム[編集]

No. チーム名 備考
1 ヤシカ シード
2 日立武蔵
3 ユニチカ貝塚
4 東洋紡守口
5 三洋電機
6 日本体育大学
7 富士フイルム 優勝大会:優勝
8 石川島播磨重工呉 優勝大会:準優勝

準々決勝[編集]

#181 1972年11月17日
ユニチカ貝塚 3 - 0
(15-5)
(15-10)
(15-7)
日本体育大学 東京体育館
#182 1972年11月17日
三洋電機 3 - 1
(12-15)
(15-5)
(15-11)
(15-8)
富士フイルム 東京体育館
#183 1972年11月17日
日立武蔵 3 - 0
(15-5)
(15-5)
(15-4)
東洋紡守口 東京体育館
#184 1972年11月17日
ヤシカ 3 - 0
(15-8)
(15-4)
(15-2)
石川島播磨重工呉 東京体育館

準決勝[編集]

#185 1972年11月18日
ユニチカ貝塚 3 - 1
(8-15)
(16-14)
(15-11)
(15-12)
三洋電機 東京体育館
#186 1972年11月18日
ヤシカ 3 - 1
(15-8)
(10-15)
(15-7)
(15-10)
日立武蔵 東京体育館

決勝[編集]

#187 1972年11月19日
ヤシカ 3 - 1
(9-15)
(15-6)
(15-2)
(15-4)
ユニチカ貝塚 東京体育館

最終順位[編集]

順位 チーム名 備考
優勝 ヤシカ 3年ぶり2度目
準優勝 ユニチカ貝塚
3位 三洋電機
3位 日立武蔵

脚注[編集]

  • 本記事のマッチナンバーは編集の便宜上付番したものです。

参考文献[編集]

  • VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌)1973年1月号 152-155ページ