昭和55年台風第19号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
台風第19号(Wynne)
カテゴリー5の スーパー・タイフーンSSHWS
台風19号
台風19号
発生期間 1980年10月4日3時 - 10月15日9時
寿命 270時間
最低気圧 890 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
60 m/s (120 kt)
死傷者数
  • 死者・行方不明者4人
  • 負傷者28人
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

昭和55年台風第19号(しょうわ55ねんたいふうだい19ごう、国際名:Wynne / ウィン)は、1980年10月に日本に接近した台風である[1]前線の影響もあり、九州から四国近畿東海にかけて強風や大雨による被害が生じた。

概要[編集]

進路図

1980年10月4日にカロリン諸島東部で台風19号発生[2]。台風は北上し、7日頃にはマリアナ諸島付近を通過した[3]。この頃までは、中心気圧990〜1,000 hPa程度の弱い勢力であったが[3]、8日頃から急速に発達し始め、9日には特に急激に発達し、同日3時には中心気圧930hPaであったものが、同日9時には中心気圧890hPaの記録的な勢力となり、わずか6時間で40hPaも気圧が低下した[3]。9日15時に沖ノ鳥島の南東で勢力がピークに達し、中心付近の最大風速は60m/s (120kt) に達した[3]。台風はその後も900〜920 hPa程度の猛烈な勢力を維持して北上し、12日には沖縄県宮古島の東約70kmの海上に達した。そして沖縄付近を通過したが、その際の勢力も中心気圧925hPa前後で非常に強かった[3]。その後は東シナ海南部を北上して、14日には日本の南岸沿いを東北東に進んだ。

台風が北上するに連れて日本の南岸に停滞していた前線の活動も活発となり、九州や四国では12日の夜半頃から雨が強く降り始め、13日や14日は関東以西の太平洋側の地域を中心に大雨が降った[2]

最大風速(気象庁解析・10分間平均)
順位 台風 国際名 最大風速 (kt)
1 昭和54年台風第20号 Tip 1979年 140
2 平成25年台風第30号 Haiyan 2013年 125
平成22年台風第13号 Megi 2010年
昭和57年台風第10号 Bess 1982年
5 平成28年台風第14号 Meranti 2016年 120
平成3年台風第28号 Yuri 1991年
平成2年台風第19号 Flo 1990年
昭和61年台風第3号 Lola 1986年
昭和60年台風第22号 Dot 1985年
昭和59年台風第22号 Vanessa 1984年
昭和58年台風第5号 Abby 1983年
昭和57年台風第21号 Mac 1982年
昭和56年台風第22号 Elsie 1981年
昭和55年台風第19号 Wynne 1980年
昭和53年台風第26号 Rita 1978年
急発達した台風(気圧低下率順)
順位 台風 国際名 最大気圧低下 (6時間)
1 昭和28年台風第13号 Tess 1953年 - 93 hPa
2 昭和28年台風第7号 Nina - 65 hPa
3 昭和33年台風第19号 Grace 1958年 - 55 hPa
4 昭和29年台風第12号 June 1954年 - 50 hPa
昭和35年台風第8号 Shirley 1960年
昭和39年台風第18号 Sally 1964年
7 昭和26年台風第4号 Iris 1951年 - 44 hPa
8 昭和29年台風第17号 Olga 1954年 - 40 hPa
昭和29年台風第19号 Pamela
昭和37年台風第28号 Karen 1962年
昭和38年台風第17号 Judy 1963年
昭和55年台風第19号 Wynne 1980年
平成18年台風第20号 Chebi 2006年

被害[編集]

  • 死者・行方不明者4人[2]
  • 負傷者28人
  • 全壊・流失13棟
  • 半壊・一部破損472棟
  • 床上浸水97棟
  • 床下浸水2298棟

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 気象庁|台風経路図1980年”. www.data.jma.go.jp. 2020年8月4日閲覧。
  2. ^ a b c 1980年 台風第19号 (Wynne) : TY8019”. tydb.bosai.go.jp. 2020年8月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e デジタル台風:台風198019号 (WYNNE) - 詳細経路情報(Google Maps版)”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年8月4日閲覧。