昭和59年台風第11号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
台風第11号(Ike、アイク)
カテゴリー4の タイフーンSSHWS
フィリピンへ接近する台風第11号
フィリピンへ接近する台風第11号
発生期間 1984年8月27日 15:00
9月6日 21:00
寿命 10日6時間
最低気圧 950hPa
最大風速
(日気象庁解析)
45m/s(90kt)
最大風速
米海軍解析)
125kt
被害総額
死傷者数 死者1,363名
被害地域 フィリピン中国
プロジェクト:気象と気候プロジェクト:災害
テンプレートを表示
進路

昭和59年台風第11号(しょうわ59ねんたいふうだい11ごう、国際名:アイク〔Ike〕、フィリピン名:ニタン〔Nitang〕)は、1984年(昭和59年)8月に発生し、フィリピンに最も大きな被害を出した台風の1つである。

概要[編集]

被害[編集]

  • この台風は、フィリピンに大雨と強風をもたらし、フィリピンでは1991年(平成3年)台風第25号(国際名:Thelma)の死者(5,101名)に次ぐ多数の死者(1,363名)を出した。
  • 中国では、死者13名を出した。

その他[編集]

  • この台風の国際名Ikeは、この台風限りで使用中止となり、次順からはIanという国際名が使用された。また、この台風のフィリピン名Nitangも、この台風限りで使用中止となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]