昭和 (宇都宮市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 栃木県 > 宇都宮市 > 昭和
昭和
下野新聞社本社
下野新聞社本社
昭和の位置(栃木県内)
昭和
昭和
昭和の位置
北緯36度33分57.26秒 東経139度52分53.50秒 / 北緯36.5659056度 東経139.8815278度 / 36.5659056; 139.8815278
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Tochigi Prefecture.svg 栃木県
市町村 Flag of Utsunomiya, Tochigi.svg 宇都宮市
地区 本庁地区
人口
2017年(平成29年)7月31日現在)[1]
 • 合計 550人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
320-0032
市外局番 028
ナンバープレート 宇都宮
※座標は栃木県公館付近

昭和(しょうわ)は、栃木県宇都宮市町名。現行行政地名は昭和一丁目から昭和三丁目。全区域で住居表示実施済み。郵便番号は320-0032(宇都宮中央郵便局管区)。

地理[編集]

市内中心部の南、釜川東岸に位置する。北で東戸祭一丁目、東で塙田一丁目・五丁目、南で本町、西で清住一丁目、北西で戸祭元町と隣接する。市内中心街の一部であり、東に隣接する塙田に県庁を始め県の機関が多いことから、関連公共機関や県報道企業が集中している。

河川[編集]

  • 釜川 - 上釜川橋・清塙橋・優橋が架かる。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日に公表された公示地価によれば、昭和2-5-24の地点で10万1000円/m2となっている。

歴史[編集]

旧町名においては塙田町の一部である。

沿革[編集]

  • 1886年(明治19年) - 河内郡塙田村が塙田町に改称。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行。河内郡塙田町は宇都宮町の一部となり、河内郡宇都宮町塙田町となる。
  • 1896年(明治29年)4月1日 - 宇都宮町が市制施行。宇都宮市塙田町となる。
  • 1964年(昭和39年)9月30日 - 住居表示実施により宇都宮市塙田町の一部が昭和一・二丁目として分立[2]
  • 1974年(昭和49年)4月1日 - 住居表示実施により宇都宮市塙田町・戸祭町の一部が昭和三丁目として分立[3]

町名の変遷[編集]

実施後 実施年月日 実施前(各町ともその一部)
昭和一丁目 1964年(昭和39年)9月30日 塙田町
昭和二丁目 塙田町
昭和三丁目 1974年(昭和49年)4月1日 塙田町、戸祭町

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)7月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
昭和一丁目 55世帯 106人
昭和二丁目 136世帯 260人
昭和三丁目 101世帯 184人
292世帯 550人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合の学区は以下の通りとなる[4]

町丁 小学校 中学校
昭和一丁目 宇都宮市立昭和小学校 宇都宮市立星が丘中学校
昭和二丁目
昭和三丁目

交通[編集]

路線バス[編集]

  • 関東バス西塙田経由宝木団地線、戸祭台循環線
    • 「西塙田町」「昭和小前」の各バス停を経由。

道路[編集]

施設[編集]

  • 栃木県庁北庁舎2号館(昭和二丁目)
  • 栃木県公館(昭和一丁目)
  • 宇都宮税務署(昭和二丁目)
  • 宇都宮中央警察署県庁前交番(昭和一丁目)
  • 宇都宮学園上野記念館(昭和二丁目)
  • 栃木県自治会館(昭和一丁目)
  • 栃木県舗装会館(昭和三丁目)
  • とちぎテレビ本社(昭和二丁目)
  • 下野新聞社本社(昭和一丁目)
  • 日本経済新聞社宇都宮支局(昭和一丁目)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 人口 -宇都宮市統計データバンク-”. 宇都宮市 (2017年7月31日). 2017年9月3日閲覧。
  2. ^ 昭和39年9月10日栃木県告示第772号
  3. ^ 昭和49年2月8日栃木県告示第86号
  4. ^ 市立小・中学校通学区域一覧|宇都宮市 Archived 2014年3月23日, at the Wayback Machine. 2013年8月10日閲覧。

参考文献[編集]