昭哀姚皇后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

昭哀姚皇后(しょうあいようこうごう、? - 420年)は、中国北魏明元帝の妃。皇后として追尊された。

生涯[編集]

後秦姚興の娘として生まれた。西平長公主に封じられた。明元帝にとついで、後に夫人となった。金人の鋳造を命じられて完成しなかったため、皇后位に登ることはなかった。しかし明元帝の寵愛は篤く、後宮での礼遇は皇后のようであった。明元帝は皇后に立てることをあきらめなかったが、姚氏はへりくだって受けようとしなかった。420年泰常5年)5月、薨去した。明元帝は姚氏を悼んでやまず、皇后の璽綬を贈った。後に昭哀皇后の諡号をもって追尊され、雲中金陵に葬られた。

伝記資料[編集]