昭献貴妃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

昭献貴妃(しょうけんきひ、? - 永楽18年(1420年7月)は、の成祖永楽帝の貴妃。姓は王氏蘇州の人。

生涯[編集]

永楽7年(1409年)に昭容(嬪)となり、後に貴妃にいたった。人に対してとても優しく、永楽帝に信頼された。晩年の永楽帝は怒りを抑えられなくなっていて、多くの者が過酷な処罰を受けたが、太子(のちの洪熙帝)以下、誰もが彼女の庇護を頼った。

永楽18年(1420年)7月に死去した。永楽帝はその死を悼み、昭献とされた。『朝鮮王朝実録』によると、永楽帝は王氏を皇后に立てることを考えていた。王氏の死後、永楽帝はその残虐さに拍車がかかった。

伝記資料[編集]