昭礼可汗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

昭礼可汗(しょうれいかがん、拼音:Zhāolǐkĕhàn、? - 832年)は、回鶻可汗国の第11代可汗[1]。名は不明。可汗号はアイ・テングリデ・クト・ボルミシュ・アルプ・ビルゲ・カガン(Ay täŋridä qut bolmiš alp bilgä qaγan)[2]といい、より昭礼可汗の称号(美称)を加えられた。即位前の称号は曷薩特勒(かつさつテギン)[3]。『旧唐書』では薩特勤薩特勤可汗と表記。

生涯[編集]

敬宗即位の年(824年)、崇徳可汗が死ぬと、弟の曷薩特勒が立って可汗に即位した。翌年の宝暦元年(825年)5月、唐は曷薩可汗を冊立して愛登里羅汨没蜜施合毘伽昭礼可汗とし、幣12車を賜う。

文宗(在位:826年 - 840年)の初め、唐は回鶻に馬価絹(ばかけん)[4]50万を賜う。

大和元年(827年)、文宗は中使に命じて絹20万匹を回鶻に賜って馬価とした。

大和3年(829年)1月、中使は絹23万匹を回鶻に賜って馬価とした。

大和6年(832年)、昭礼可汗はその配下に殺され、従子の胡特勒が立って可汗となった。

可敦(カトゥン:皇后)[編集]

  • 仁孝端麗明智上寿可敦(太和公主)…憲宗の娘で、穆宗の10番目の妹。レビラト婚によって昭礼可汗に嫁ぐ。

脚注[編集]

  1. ^ 資料によっては第10代。
  2. ^ 「月天の聖霊より幸を授かりし勇猛にして賢明なるカガン」の意。
  3. ^ 特勤(テギン、Tägin)とは、突厥や回紇における皇太子もしくは王子に与えられる称号。『新唐書』では「特勒」と誤記。
  4. ^ いわゆる「絹馬貿易」によって唐がと引き換えに回鶻へ渡す絹織物。回鶻はここで得た絹織物をさらにソグド人を介してシルクロード貿易に使い、西方のガラス製品や絨毯(じゅうたん),壁掛け,香辛料などを手に入れていた。

参考資料[編集]

  • 旧唐書』(本紀第十七上 敬宗・文宗上、列伝第一百四十五 迴紇)
  • 新唐書』(列伝第一百四十二下 回鶻下)
先代:
崇徳可汗
回鶻可汗国の可汗
第11代:824年 - 832年
次代:
彰信可汗