昭陽湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
昭陽江ダム
SoyangDam.JPG
大韓民国の旗 大韓民国
所在地 江原道春川市
座標 北緯37度56分44秒 東経127度48分52秒 / 北緯37.94556度 東経127.81444度 / 37.94556; 127.81444座標: 北緯37度56分44秒 東経127度48分52秒 / 北緯37.94556度 東経127.81444度 / 37.94556; 127.81444
着工 1967年4月15日
竣工 1973年10月15日
事業主体 韓国水資源公社
ダム
ダム型式 Embankment
河川 昭陽江
堤高 123 m
堤頂長 530 m
堤体積 960万 m3
水吐き口 Controlled-chute
排水能力 5,500 m3/s
貯水池
総貯水容量 2,9億 m3
流域面積 2,703 km2
湛水面積 70.0 km2
発電所
タービン数 3 x フランシス水車[1]
定格出力 200 MW
昭陽江ダム
各種表記
ハングル 소양강댐
漢字 昭陽江댐
発音 ソヤンガンダム
日本語読み: しょうようこダム
ローマ字 Soyanggang Dam
テンプレートを表示

昭陽江ダム(ソヤンガンダム)は、大韓民国江原道春川市東部の昭陽江(北漢江の支流)に造られた、東アジア最大級の砂礫ダム(グラベルフィルダム)

概要[編集]

漢江水系の洪水調節、水力発電、ソウル仁川など首都圏への生活・工業用水供給を目的とする多目的ダムとして造られた。1965年日韓国交正常化後、日本からの経済援助78億円[2]が投下され、戦時下に水豊ダムを建設に携わった久保田豊率いる日本工営による建設計画(技術援助)が行われ、浦項製鉄所とともに「漢江の奇跡」を支えた。日本工営は、他にも戦後賠償を使って南ベトナムのダニムダム (Đập Đa Nhim) などを建設している。

昭陽湖[編集]

1973年、昭陽江ダムが完成したことによってできたダム湖。総面積1608ha、湖の長さは直線距離で約60kmにおよび、春川市から上流の楊口郡麟蹄郡に達する。面積と貯水量において韓国最大のダム湖である。

湖は「内陸の海」とも称される。湖の周囲には清平寺をはじめとして寺や名勝も多く、観光遊覧船が運航されている。また、湖とその周辺は釣りスポットともなっており、冬のワカサギ釣りが知られる。また、定期旅客船が運航しており、内陸水上交通路として利用されている。

脚注[編集]

  1. ^ Songyanggang Dam” (Korean). Korean National Committee on Large Dams. 2011年8月5日閲覧。
  2. ^ ODA韓国昭陽江ダム建設事業(1967年8月7日)として3.96億円