是枝裕和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
これえだ ひろかず
是枝 裕和
是枝 裕和
生年月日 (1962-06-06) 1962年6月6日(55歳)
出生地 日本の旗 東京都練馬区
職業 映画監督テレビドキュメンタリー演出家
ジャンル 映画、テレビ
活動期間 1995年 -
配偶者 既婚[1]
事務所 分福
公式サイト KORE-EDA.com
主な作品
映画
ワンダフルライフ
誰も知らない
歩いても 歩いても
そして父になる
海街diary

是枝 裕和(これえだ ひろかず、1962年6月6日[2] - )は日本の映画監督テレビドキュメンタリー演出家。

来歴・人物[編集]

東京都練馬区生まれ[3]東京都立武蔵高等学校卒業[4]1987年早稲田大学第一文学部文芸学科卒業[5]

1987年に番組制作会社テレビマンユニオンに入社し[6]、テレビ番組のADをしながらドキュメンタリー番組の演出家をつとめる[7]。1995年に『幻の光』で映画監督デビュー[5]。新作を発表するたびに多くの国際映画祭に招待されるなど、国内外で高い評価を受ける映画監督の一人である。若手監督のプロデュースや、CM作品、ミュージックビデオの演出も手がけている。

主な作品として、映画『誰も知らない』、『ワンダフルライフ』、テレビドキュメンタリー『しかし… 福祉切り捨ての時代に』、ノベライズ『歩いても 歩いても』、プロデュース作品として西川美和監督作品がある。『誰も知らない』は第57回カンヌ国際映画祭柳楽優弥が最優秀男優賞を受賞、『そして父になる』は第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞するなど、世界でも高い評価を受けている。

2005年より立命館大学産業社会学部客員教授。2013年2月現在、BPOにおける放送倫理検証委員会の委員を務める[8]。2014年4月より、早稲田大学理工学術院教授に就任[9]

監督作品[編集]

長編映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビドキュメンタリー[編集]

CM[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

プロデュース作品[編集]

出演[編集]

ドキュメンタリー映画
  • The Two Directors: A Flame in Silence(2015年、監督:海南友子)[26]

書籍[編集]

  • しかし…-ある福祉高級官僚 死への軌跡(1992年、あけび書房)ISBN 978-4900423664
  • 官僚はなぜ死を選んだのか-現実と理想の間で(2001年、日経ビジネス人文庫)ISBN 978-4532190682
  • 小説ワンダフルライフ(1999年、ハヤカワ文庫)ISBN 978-4150306113
  • DISTANCE 〜映画が作られるまで〜(2001年、スイッチパブリッシング)ISBN 978-4884180003
  • あの頃のこと-Every day as a child(共著、2004年、ソニーマガジンズ)ISBN 978-4789723398
  • 花よりもなほ(2006年、角川書店)ISBN 978-4048737029
  • 歩いても 歩いても(2008年、幻冬舎)ISBN 978-4344015142
  • それでもテレビは終わらない(共著、2010年、岩波ブックレット)ISBN 978-4002707976
  • 奇跡(2011、文藝春秋)ISBN 978-4163301402
  • そして父になる(2013、宝島社文庫)ISBN 978-4800215154
  • 歩くような速さで(2013、ポプラ社)ISBN 978-4591136720
  • 是枝裕和 対談集「世界といまを考える 2」(2016、PHP出版)[27]
  • 映画を撮りながら考えたこと(2016年、ミシマ社[28]
  • 是枝裕和 対談集「世界といまを考える 3」(2016年、PHP文庫)[29]

受賞歴[編集]

  • 幻の光
  • ワンダフルライフ
    • ナント三大陸映画祭 グランプリ
    • トリノ映画祭 最優秀脚本賞
    • ブエノスアイレス映画祭 グランプリ、最優秀脚本賞
    • サン・セバスティアン国際映画祭 国際批評家連盟賞
    • 第14回高崎映画祭 最優秀作品賞
    • 第73回キネマ旬報ベスト・テン 読者選出日本映画ベスト・テン第9位
  • DISTANCE
    • 第16回高崎映画祭 最優秀作品賞
  • 誰も知らない
    • 第77回アカデミー賞外国語映画賞部門・日本代表作品
    • フランダース国際映画祭 グランプリ
    • シカゴ国際映画祭 金のプラーク賞
    • 第29回報知映画賞作品賞
    • 第26回ヨコハマ映画祭 日本映画ベストテン第3位
    • 第78回キネマ旬報ベスト・テン 日本映画ベスト・ワン、読者選出日本映画監督賞、読者選出日本映画ベスト・テン第1位
    • 第47回ブルーリボン賞 作品賞・監督賞
    • 第19回高崎映画祭 最優秀監督賞
  • 花よりもなほ
    • 第21回高崎映画祭 最優秀作品賞
  • 歩いても 歩いても
  • 空気人形
    • 第24回高崎映画祭 最優秀作品賞
    • 第83回キネマ旬報ベスト・テン 日本映画ベスト・テン第6位、読者選出日本映画ベスト・テン第7位
  • 奇跡
    • 第59回サン・セバスティアン国際映画祭 最優秀脚本賞・カトリックメディア協議会(SIGNIS)賞
    • 第3回TAMA映画賞 最優秀作品賞
    • おおさかシネマフェスティバル2012 日本映画ベストテン第5位
    • 第26回イスファハーン国際青少年映画祭(イラン) 最優秀作品賞
  • エンディングノート
  • ゴーイング マイ ホーム
  • そして父になる
    • 第66回カンヌ国際映画祭 審査員賞・エキュメニカル賞特別表彰
    • 第61回サン・セバスティアン国際映画祭 観客賞(PEARLS部門)
    • 第32回バンクーバー国際映画祭 観客賞(Rogers People’s Choice Award)
    • 第7回アブダビ国際映画祭 Child Protection Award 脚本賞(Child Protection Award for Best Script)
    • 第37回サンパウロ国際映画祭 観客賞
    • 第35回ヨコハマ映画祭 日本映画ベストテン第4位・脚本賞
    • 第26回日刊スポーツ映画大賞 監督賞
    • 第87回キネマ旬報ベスト・テン 日本映画ベスト・テン第6位、読者選出日本映画ベスト・テン第2位
    • おおさかシネマフェスティバル2014 日本映画ベストテン第8位
    • 第56回アジア太平洋映画祭中国語版 最優秀作品賞・最優秀監督賞
    • 第37回日本アカデミー賞 優秀作品賞・優秀監督賞ほか
    • 芸術選奨文部科学大臣賞映画部門
    • クロトゥルーディス賞 監督賞
    • 第23回東京スポーツ映画大賞 監督賞
  • 海街diary
    • 第63回サン・セバスティアン国際映画祭 観客賞(PEARLS部門)
    • 第7回TAMA映画賞 最優秀作品賞[30]
    • 第39回山路ふみ子映画賞 山路ふみ子映画賞
    • 第37回ヨコハマ映画祭 作品賞・監督賞
    • 第89回キネマ旬報ベスト・テン 日本映画ベスト・テン第4位、読者選出日本映画監督賞、読者選出日本映画ベスト・テン第1位
    • 第57回毎日芸術賞特別賞
    • 第25回東京スポーツ映画大賞[注 1] 監督賞
    • 第39回日本アカデミー賞 最優秀監督賞[33]、最優秀作品賞、優秀脚本賞、編集賞
  • 海よりもまだ深く
    • 第26回フィルムズ・フロム・ザ・サウス映画祭 シルバー・ミラー賞(最高賞)[34]
  • 個人として

ドキュメンタリー作品において、ギャラクシー賞ATP賞などを数多く受賞。

推薦図書[編集]

  • 姜尚中著「心の力」(集英社新書)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 第25回東京スポーツ映画大賞発表時には監督賞は北野武(『龍三と七人の子分たち』)とされていた。ところが、授賞式で同賞の審査委員長を務める北野が「是枝監督に監督賞をあげようかな」と自身が受け取ったトロフィーを会場に来ていた是枝に対して手渡し、これにより『海街diary』は1冠増えて、主演女優賞、助演女優賞、新人賞、監督賞と4冠に輝くことになった[31]。主催者である東京スポーツの授賞式記事(受賞者一覧)では「監督賞:北野武(「龍三と七人の子分たち」)→是枝裕和(「海街diary」)」となっている[32]

出典[編集]

  1. ^ a b 是枝裕和監督、加瀬亮主演のテレビドラマ「後の日」が第59回サンセバスチャン国際映画祭で招待上映”. シネマトゥデイ (2011年9月24日). 2014年5月18日閲覧。
  2. ^ 是枝裕和”. KINENOTE. 2016年7月6日閲覧。
  3. ^ 是枝裕和公式Twitter2011年8月20日の発言
  4. ^ 是枝裕和 (2015年11月9日). 多様な意見を認める先生…是枝裕和さん. インタビュアー:鈴木あづさ. YOMIURI ONLINE.. http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/ichiran/20151110-OYT8T50164.html 2017年5月5日閲覧。 
  5. ^ a b PROFILE & WOARKS”. KORE-EDA.com. 2016年7月6日閲覧。
  6. ^ a b 是枝裕和 (2017年9月7日). 是枝裕和監督インタビュー、金獅子賞「欲しくないと言う人はいません」最新作「三度目の殺人」. (インタビュー). スポーツ報知.. http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170907-OHT1T50119.html 2017年11月21日閲覧。 
  7. ^ 山形国際ドキュメンタリー映画祭 日本のドキュメンタリー作家インタビュー No. 12
  8. ^ 委員会説明 | BPO | 放送倫理・番組向上機構、2013年2月15日参照。
  9. ^ 映画監督・是枝裕和氏、理工学術院教授に就任へ 映画に関係する講義を担当”. 早稲田大学 (2014年1月16日). 2015年10月15日閲覧。
  10. ^ 是枝裕和×Cocco「大丈夫であるように」、米軍基地問題を受け全国で再上映”. 映画.com (2015年8月6日). 2015年10月15日閲覧。
  11. ^ 渡邊玲子 (2013年10月10日). “是枝裕和監督インタビュー 福山雅治主演『そして父になる』 父とは何かを考える。”. dacapo the web-magazine. 2014年5月18日閲覧。
  12. ^ 是枝裕和の新作で阿部寛&樹木希林が親子に、「海よりもまだ深く」公開決定”. 映画ナタリー (2015年12月25日). 2015年12月25日閲覧。
  13. ^ 是枝裕和. 「ゴーイング マイ ホーム」は是枝監督、人生の総括 両親の死が作品に与えた影響明かす. インタビュアー:中山治美. シネマトゥデイ.. http://www.cinematoday.jp/page/N0050768 2015年7月10日閲覧。 
  14. ^ 是枝裕和が初めて震災をテーマに…『未来への手紙2014〜あれから3年たちました〜』”. テレビドガッチ (2014年2月28日). 2016年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月4日閲覧。
  15. ^ 「きょうの、あきない」”. TBS. 2015年4月12日閲覧。
  16. ^ 広島出身・綾瀬はるか、戦後特番で遺族手記を朗読 是枝監督と再タッグ”. ORICON STYLE (2015年7月10日). 2015年7月10日閲覧。
  17. ^ 戦後70年特別番組「いしぶみ〜忘れない。あなたたちのことを〜」”. 広島テレビ (2015年). 2016年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月4日閲覧。
  18. ^ サッポロビール2012年企業広告特別篇について 〜 村上春樹さんが初めてCMナレーションを執筆、監督は是枝裕和さん 〜サッポロビール株式会社
  19. ^ 福山雅治、是枝監督と再びタッグ 映画『そして父になる』以来”. ORICON (2015年5月21日). 2015年5月21日閲覧。
  20. ^ 長澤まさみ「海街diary」是枝裕和監督と再タッグ 関西弁&コミカルな演技で魅せる”. モデルプレス (2016年3月31日). 2016年4月1日閲覧。
  21. ^ 広瀬すず×是枝裕和監督による初CMが完成、等身大の葛藤を描く”. ORICON NEWS. オリコン (2017年5月19日). 2017年5月20日閲覧。
  22. ^ 長澤まさみと加瀬亮が夫婦に 是枝裕和監督の新CMが話題”. DWANGO.JP NEWS. ドワンゴ (2017年11月3日). 2017年11月21日閲覧。
  23. ^ “AKB48:ぱるる、珠理奈が“本気の涙” 新曲MVは4年ぶり是枝作品”. MANTANWEB. (2015年2月13日). http://mantan-web.jp/2015/02/13/20150213dog00m200044000c.html 2015年2月14日閲覧。 
  24. ^ 門脇麦がバレエ披露、是枝裕和監修の高橋優MV「さくらのうた」完成”. 映画ナタリー (2016年2月6日). 2016年2月8日閲覧。
  25. ^ NONFIX : 扉の向こう 〜エレファントカシマシ・宮本浩次という生き方〜 - フジテレビ
  26. ^ 山田洋次監督&是枝裕和監督に追るドキュメンタリー、釜山で上映”. 映画.com (2015年10月10日). 2015年10月15日閲覧。
  27. ^ 是枝裕和の対談集「世界といまを考える」第2弾、岸田繁やスガシカオら多彩な顔ぶれ”. 映画ナタリー (2016年2月2日). 2016年2月2日閲覧。
  28. ^ “是枝裕和が“映画を撮りながら考えたこと”とは?構想8年、400P超の著書が発売”. 映画ナタリー. (2016年6月6日). http://natalie.mu/eiga/news/188158 2016年6月6日閲覧。 
  29. ^ “是枝裕和の対談集第3弾が発売、ゲストは細田守、三谷幸喜、蜷川幸雄、森達也ら”. 映画ナタリー. (2016年10月4日). http://natalie.mu/eiga/news/204162 2016年10月5日閲覧。 
  30. ^ 是枝裕和、塚本晋也、綾瀬はるか、綾野剛らがTAMA映画賞授賞式で喜び噛みしめる”. 映画ナタリー (2015年11月21日). 2016年7月6日閲覧。
  31. ^ 海街diary:たけしの思い付きで「東スポ映画大賞」1冠増え4冠に 綾瀬、長澤、すずがコマネチ”. まんたんウェブ (2016年2月29日). 2016年3月1日閲覧。
  32. ^ 【東スポ映画大賞】授賞式、受賞者一覧”. 東京スポーツ (2016年2月29日). 2016年3月1日閲覧。
  33. ^ 【第39回日本アカデミー賞】是枝裕和が最優秀監督賞!”. 映画.com (2016年3月4日). 2016年4月2日閲覧。
  34. ^ “是枝監督の「海よりもまだ深く」がノルウェー映画祭で最高賞を獲得「とてもうれしい」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年10月17日). オリジナル2016年10月26日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/g2hRJ 2017年11月21日閲覧。 
  35. ^ 是枝裕和が伊丹十三賞受賞、映像作家としての姿勢を評価され喜びのコメント”. 映画ナタリー. ナターシャ (2016年3月14日). 2016年3月14日閲覧。

関連項目[編集]

関連文献[編集]