時に愛は (オフコースの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
時に愛は
オフコースシングル
初出アルバム『We are
B面 僕等の時代
リリース
規格 EP
ジャンル ポップス
ロック
時間
レーベル EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI
EP:ETP-17100
作詞・作曲 小田和正(時に愛は, 僕等の時代)
プロデュース オフコース
チャート最高順位
  • 週間35位(オリコン
  • 1981年度年間173位(オリコン)
  • 登場回数12回(オリコン)
オフコース シングル 年表
Yes-No
1980年
時に愛は
(1980年)
I LOVE YOU
1981年
We are 収録曲
  1. 時に愛は
  2. 僕等の時代
  3. おまえもひとり
  4. あなたより大切なこと
  5. いくつもの星の下で
  6. 一億の夜を越えて
  7. せつなくて
  8. Yes-No
  9. 私の願い
  10. きかせて
テンプレートを表示

時に愛は」(ときにあいは)は、1980年12月1日に発売されたオフコース通算20枚目のシングル

解説[編集]

「時に愛は」、「僕等の時代」両曲ともアルバム『We are[1]からのシングルカット曲で、アルバム収録曲と同内容。

「時に愛は」での間奏部のギター・ソロは松尾一彦コーダでの掛け合いは松尾、鈴木康博の順で交互に担当している。歌詞について小田は「歌の中で、崩れ落ちそうにみえた“愛”が復活するのは、そもそも“愛”というものがONとOFFを無数に繰り返す感情であることを歌ったがため」[2]とインタビューで答えている。

「僕等の時代」は、サックスを加えたバンド・アレンジで収録されているが、コンサートツアー“We are”では専らアンコールで、小田・鈴木のギターと松尾のハーモニカのみ、ボーカルは小田・鈴木・清水仁の歌い回しという構成で演奏された。当時、清水のリードボーカルは珍しく、清水が歌い出すと大きな拍手が起こった。このときのワンカットがアルバム『over[3]のジャケットに使われている[4]。この曲は後にTBS系テレビドラマ『ぼくらの時代』で使用された。

ジャケットのメンバー写真は『We are』[1]の裏ジャケットに使用されているものと同じ[5]。ジャケットはハードケース仕様と通常のソフトケース仕様の両方が出ていた。

収録曲[編集]

SIDE A[編集]

  1. 時に愛は TOKI NI AI WA (5'47")
    作詞・作曲 : 小田和正、編曲 : オフコース

SIDE B[編集]

  1. 僕等の時代 BOKURA NO JIDAI (3'49")
    作詞・作曲 : 小田和正、編曲 : オフコース

スタッフ[編集]

  • プロデュース : オフコース

カヴァー[編集]

時に愛は[編集]

アーティスト 収録作品(初出のみ) 発売日 生産番号
Scudelia Electro 21世紀への贈りもの 1999年11月10日 CD:WPCV-10044
Tak Matsumoto featuring 宇徳敬子 THE HIT PARADE 2003年11月26日 CD:BMCV-8009
宮崎隆睦 Nostalgia 2006年1月18日 CD:PCCY-30078

脚注[編集]

  1. ^ a b We are1980年11月21日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI LP:ETP-90038
  2. ^ 小貫信昭 『YES-NO 小田和正ヒストリー』 株式会社角川書店1998年、131-141頁。ISBN 4-04-883529-7。
  3. ^ over1981年12月1日発売 EXPRESS ⁄ TOSHIBA EMI LP:ETP-90150
  4. ^ 1981年3月28日 宮城県民会館
  5. ^ 1980年9月フリーダムスタジオにて 撮影 : 田村仁