時の扉 (薬師丸ひろ子のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セレクション・カバーアルバム「時の扉」
薬師丸ひろ子カバー・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル EMI Records Japanユニバーサルミュージック
プロデュース 薬師丸ひろ子
吉俣良
チャート最高順位
薬師丸ひろ子 年表
歌物語
2011年
時の扉
2013年
Cinema Songs
2016年
EANコード
ASIN B00FHOWDU4,JAN 4988005800213(初回生産限定盤)
ASIN B00GZ8DN6O,JAN 4988005800220(通常盤)
テンプレートを表示

時の扉』(ときのとびら)は、薬師丸ひろ子カバー・アルバム2013年12月4日EMI Records Japanユニバーサルミュージック)から発売された。規格品番はTYCT-69030(初回生産限定盤)、TYCT-60030(通常盤)。

解説[編集]

薬師丸ひろ子初のカバーアルバム。薬師丸ひろ子自らがセレクトした、国内外のスタンダード曲を収録している。ドラマ『篤姫』『江〜姫たちの戦国〜』、映画『冷静と情熱のあいだ』など、数多くのドラマ劇伴や映画音楽を手掛ける吉俣良が編曲を担当している。前作『歌物語』に引き続き、カメラマンはレスリー・キーである[1]

デビュー曲であり、本人主演映画主題歌として大ヒットした「セーラー服と機関銃」を30年ぶりに再アレンジしてセルフカバーしている。また、ドヴォルザークの「心の扉〜我が母の教えたまいし歌〜」では、薬師丸本人が作詞も手掛ている。

初回生産分には、ボーナストラックとして、「ユーレイズミーアップ〜祈りバージョン〜 with ケルティック・ウーマン」 を収録している。

当アルバム発売前に行われた『薬師丸ひろ子35周年記念コンサート』(2013年10月)では、収録曲のうち「故郷」・「冬の星座」・「夢で逢えたら」の3曲を歌唱した[2]

オリコン初登場24位を記録した。シングル・アルバムを通じてTOP30入りは、1991年3月25日付で13位を記録したオリジナルアルバム『PRIMAVERA』(1991年3月発売)以来22年9ヶ月ぶりとなった[3]

内田正樹は、歌手・薬師丸ひろ子が分かる曲として「黄昏のビギン」を挙げ、黄昏の中で、昔日のロマンスを慈しむようなドラマとカタルシスがあると言っている。「心の扉〜我が母の教えたまいし歌〜」や再アレンジされた「セーラー服と機関銃」を含め、聴きどころの多い良作と紹介している[4]

収録曲[編集]

全曲編曲:吉俣良(ボーナストラックを除く)

  1. 冬の星座
  2. 秋の子
  3. 星を求めて
  4. 浜辺の歌
  5. クリスマスには帰るから
  6. 心の扉〜我が母の教えたまいし歌〜
  7. 椰子の実
  8. 故郷
  9. 仰げば尊し
  10. 黄昏のビギン
  11. セーラー服と機関銃〜ノスタルジア・バージョン〜
  12. 夢で逢えたら
    • 作詞・作曲:大瀧詠一
    • ジャパニーズ・ポップスのスタンダード。1976年の曲。薬師丸はオリジナルの吉田美奈子に親しみがあり、それを目指して歌ったとの事[6]。楽曲制作者の大瀧はこのアルバムリリース直後の12月30日に急逝している。

ボーナストラック[編集]

  1. ユーレイズミーアップ〜祈りバージョン〜 with ケルティック・ウーマン

脚注[編集]

  1. ^ 時の扉ブックレット
  2. ^ 薬師丸ひろ子、映画デビュー35周年記念、23年ぶり単独コンサートに大喝采 BARKS音楽ニュース” (2013年10月12日). 2014年3月10日閲覧。
  3. ^ 【オリコン】歌手・薬師丸ひろ子が再び脚光 初カバー集で22年ぶりTOP30
  4. ^ 内田正樹「恋する音楽 薬師丸ひろ子 "鈴鹿ひろ美"は仮の姿。実力派が紡ぐスタンダードの魅力」、『サンデー毎日2013年平成25年)12月15日、毎日新聞社、2013年、 117頁。
  5. ^ ブックレットにはWilliam Shakespeare Haysと記載されている。ウィキペディアの他のページと統一する為、カタカナ表記とした。
  6. ^ a b c d e 時の扉ブックレットの楽曲解説
  7. ^ NHK SONGS 2013年12月7日放送より
  8. ^ 近年、米国の民謡からとする説がある(ブックレットの楽曲解説にも記述あり)が、ブックレットの歌詞カード表記に従った。

参考文献[編集]

  • 薬師丸ひろ子「薬師丸ひろ子、カバーアルバム…思い出に寄り添う歌に」『読売新聞』2013年12月26日付夕刊、第3版、第8面。

関連項目[編集]

UNIVERSAL MUSIC JAPAN