時の扉 (WANDSの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
時の扉
WANDSシングル
初出アルバム『時の扉
A面 時の扉
B面 声にならないほどに愛しい
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル J-POP
ポップ・ロック
レーベル 東芝EMI/TMファクトリー
B-Gram RECORDS(再発)
プロデュース 長戸大幸
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1993年度年間7位(オリコン)
  • オリコン歴代シングルランキング98位
  • 登場回数14回(オリコン)
  • WANDS シングル 年表
    世界中の誰よりきっと
    1992年
    時の扉
    (1993年)
    愛を語るより口づけをかわそう
    (1993年)
    時の扉 収録曲
    時の扉
    (1)
    このまま君だけを奪い去りたい
    (2)
    テンプレートを表示

    時の扉」(ときのとびら)は、WANDSの4枚目のシングル。

    概要[編集]

    新たに木村真也を迎えて、第2期WANDSとしての初めての曲であり、2ndアルバム『時の扉』からの先行シングル。

    この曲で、テレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演[1]。その時いずれの出演時にも上下黒っぽい衣装を着ていたため視聴者から「いつも黒い服を着ているが、他の色の服は着ないの?」という質問の便りが寄せられた。第2期WANDSにとってこれが最後の『ミュージックステーション』出演となった。

    シングルジャケット[編集]

    このシングルから上杉昇の苗字のアルファベット表記が「Uesugi」から「Wesugi」に変更された。

    ジャケット左下の「ネオ・ドラマ」ロゴは、斜めに傾いた明朝体と手書き風の2種類が存在し、明朝体の方が古いプレス盤。1994年の再発盤ではロゴとタイアップ表記が削除されている。

    プロモーションビデオ[編集]

    プロモーションビデオは2期メンバーで制作された「もっと強く抱きしめたなら」のプロモーションビデオのメイキング映像を使用したものと、『BEST OF WANDS VIDEO HISTORY』に収録されたレコーディングスタジオで作業中の3人の様子を捉えたものの2つが存在する。どちらもフルサイズではない。

    記録[編集]

    前作「世界中の誰よりきっと」、前々作「もっと強く抱きしめたなら」に続いてミリオンヒットを記録した。

    収録曲[編集]

    全作詞: 上杉昇、全編曲: 明石昌夫
    #タイトル作詞作曲時間
    1.時の扉上杉昇大島康佑
    2.声にならないほどに愛しい上杉昇織田哲郎
    3.「時の扉」(オリジナル・カラオケ)上杉昇 
    合計時間:

    楽曲解説[編集]

    1. 時の扉
      • テレビ朝日系『ネオドラマ』主題歌。
      • もともとは2ndシングルの候補曲で、その後別の歌手に歌うことが決まりかけていたが、上杉が「この曲をWANDSでやりたい」と言って、WANDSが歌うことになった。発表にあたり手直しが行われている。
      • この曲の歌詞について『COUNT DOWN TV』(TBS系)で質問された際に上杉は、「自分が落ち込んだりした時に、自分自身を元気づけるような曲が欲しかった」ため、このような内容の歌詞を書いたとの旨を回答している。
    2. 声にならないほどに愛しい
      上杉が詞を提供をしたMANISHの同名曲のセルフカバー。3rdアルバム『Little Bit…』には間奏部分が異なるアルバムバージョンが収録されている。また、MANISHのものとは歌詞の内容が一部異なる。

    収録アルバム[編集]

    参加ミュージシャン[編集]

    カバー[編集]

    曲名 アーティスト 収録作品 発売日 備考
    時の扉 class with Battle Cry 『1993』 2013年8月21日 柴崎浩がギターでゲスト参加している。
    Ash 『spider』 2013年10月11日 中村誠治郎根本正勝によるユニットのアルバム。

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    出典[編集]