時をかける少女 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
時をかける少女 > 時をかける少女 (テレビドラマ)

時をかける少女』(ときをかけるしょうじょ)は、筒井康隆ヤングアダルト向けSF小説時をかける少女』を原作としたテレビドラマ化作品である。

1972年版[編集]

NHK総合テレビで放送。

1985年版[編集]

1985年11月4日にフジテレビ系列の『月曜ドラマランド』(月曜19:30 - 20:54)で放送。 番組表題は『南野陽子の時をかける少女』、ラテ欄には「放課後の実験室は秘密がいっぱい!ラベンダーは時間旅行の合言葉」と記された。

キャスト
スタッフ

1994年版[編集]

1994年2月19日 - 3月19日フジテレビ系列の『ボクたちのドラマシリーズ』(土曜20:00 - 20:54)で放送。

原作者の筒井康隆が住職の役でレギュラー出演している。

フジテレビ ボクたちのドラマシリーズ(第2期)
前番組 番組名 次番組
時をかける少女
(1994年版)
(廃枠)
フジテレビ系 土曜20時枠
幕末高校生
時をかける少女
(1994年版)
【本番組までドラマ枠

2002年版[編集]

TBS系列、『モーニング娘。新春! LOVEストーリーズ』で放送。

2016年版[編集]

時をかける少女(2016年版)
ジャンル テレビドラマ
原作 筒井康隆
脚本 渡部亮平
演出 岩本仁志
茂山佳則
出演者 黒島結菜
菊池風磨Sexy Zone
竹内涼真
吉本実憂
八木莉可子
古畑星夏
三浦透子
石井萌々果
野波麻帆
高橋克実
加藤シゲアキ
高畑淳子
オープニング AKB48LOVE TRIP
エンディング NEWS恋を知らない君へ
製作
製作総指揮 西憲彦(CP)
プロデューサー 松本京子(日本テレビ)
難波利昭(AX-ON)
制作 日本テレビAX-ON
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2016年7月9日 - 8月6日
放送時間 土曜 21:00 - 21:54
放送枠 土曜ドラマ (日本テレビ)
放送分 54分
回数 5
公式サイト

特記事項:
初回は20分拡大(21:00 - 22:14)で放送。

2016年7月9日から8月6日まで日本テレビ系の「土曜ドラマ」枠で毎週土曜21:00 - 21:54に放送された。リオデジャネイロオリンピックおよび『24時間テレビ39』との番組編成の兼ね合いから全5話の短期シリーズとなった。

キャスト[編集]

主要人物[編集]

藤浦東高校[編集]

家族[編集]

ゲスト[編集]

第2話[編集]

スタッフ[編集]

ZIP!コラボ[編集]

ZIP!内のコラボショートドラマとして、芳山未羽が調味料をかける少女となって、深町翔平や浅倉吾朗の昼食に様々な調味料をかけ、新たな味の組み合わせを作り出す内容となっている。

受賞[編集]

2016年9月 放送批評懇談会が優れた番組を顕彰する 「ギャラクシー賞 8月月間賞」 を受賞[7]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 7月09日 この夏最高に切ない禁断の恋! 岩本仁志 9.4%[8]
第2話 7月16日 死んだ少女の想いを届けたい…時を超える涙の初恋 6.6%[9]
第3話 7月23日 君のことが好きだ!未来からの愛の告白…最悪のキス 茂山佳則 4.6%[10]
第4話 7月30日 衝撃と涙のラストへ迫る死の影…命かけた一途な恋 岩本仁志 5.1%
最終話 8月06日 AKBも生ライブで応援!命がけ禁断の恋号泣ラスト 6.6%
平均視聴率 6.4%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)
日本テレビ 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
お迎えデス。
(2016年4月23日 - 6月18日)
時をかける少女
(2016年7月9日 - 8月6日)
THE LAST COP/ラストコップ
(2016年10月8日 - 12月10日)
※9月は『土曜ドラマ』枠外で「Episode0」を3回放送

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “黒島結菜『時をかける少女』連ドラで初主演! 未来人ケン・ソゴル役はセクゾ菊池風磨”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2016年5月10日). http://m.crank-in.net/entertainment/news/42958 2016年5月10日閲覧。 
  2. ^ “竹内涼真と吉本実憂がドラマ「時をかける少女」出演、原作にない新キャラも”. 映画ナタリー. (2016年5月22日). http://natalie.mu/eiga/news/188018 2016年5月23日閲覧。 
  3. ^ “吉本実憂「時をかける少女」で原作にない未来人役「楽しみながら」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年5月22日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/22/kiji/K20160522012631640.html 2016年5月22日閲覧。 
  4. ^ a b “NEWS加藤『時かけ』で数学教師役 オマージュ小説執筆&主題歌も担当”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年6月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2072924/full/ 2016年6月7日閲覧。 
  5. ^ 第5話 (最終回) 放送日の8月6日は、冒頭に同日開催の「AKB48大運動会」会場であるさいたまスーパーアリーナと中継を結び、同曲を生演奏にて披露した。
  6. ^ 時をかける少女”. 日本テレビ. 2016年6月7日閲覧。
  7. ^ 放送批評懇談会HP”. 2016年9月23日閲覧。
  8. ^ “連ドラ『時かけ』初回視聴率は9.4%”. ORICON STYLE. (2016年7月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2074778/full/ 2016年7月11日閲覧。 
  9. ^ “黒島結菜「時をかける少女」大谷とかぶった6・6%”. 日刊スポーツ. (2016年7月19日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1680915.html 2016年7月19日閲覧。 
  10. ^ “「時をかける少女」第3話は4・6%…2回連続でダウン”. スポーツ報知. (2016年7月25日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160725-OHT1T50050.html 2016年7月25日閲覧。