時代…マツコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
時代…マツコ
ジャンル トーク番組 / バラエティ番組 / 教養番組 / 特別番組
企画 高橋敬冶(演出兼務)
演出 高橋敬冶(企画兼務)
出演者 マツコ・デラックス
ナレーター 窪田等
製作
プロデューサー 杉山直樹、岩崎小夜子
東井文太(CP
制作 日本テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2018年3月19日 -
放送時間 不定期深夜
回数 5
テンプレートを表示

時代…マツコ』(じだい…マツコ)は、日本テレビ2018年から不定期放送されているトークバラエティ番組である。各回の正式なタイトルは「放送リスト」を参照。

概要[編集]

特定の時代をテーマに、マツコとその時代のゆかりのゲストと専門家が、当時の日本人の生態を当時の流行やステータスから深掘りしていく番組。

出演[編集]

放送リスト[編集]

放送日 放送時間 タイトル ゲスト 専門家 備考
1 2018年
3月19日
23:59 - 翌0:54 『仲村トオルが地井武男にワッパを掛けられた時代…とマツコ』 土田晃之 岩橋健一郎、中森明夫、阿部貴大 月曜プラチナイト』枠で放送。[1]
2 10月8日 『マツコが日本の風俗を紐解く「かたせ梨乃が進駐軍の前で踊り狂った時代…マツコ」』 友近 渡辺豪、井上章一
3 2019年
8月12日
『教師役の陣内孝則が推定家賃70万の一軒家でひとり暮らしをしていた時代…とマツコ』 土田晃之、友近 亀山早苗、中野充浩
3
-2
2020年
5月18日
[2]
5 8月3日 『角川春樹が薬師丸ひろ子に機関銃を乱射させた時代…とマツコ』

スタッフ[編集]

  • 企画・演出:高橋敬冶
  • 構成:八代丈寛、田代裕、塩野智章、西田哲也
  • ナレーション:窪田等
  • TM:望月達史
  • SW:鎌倉和由(第2回-)
  • CAM:中村哲也(第1,2,5回)
  • MIX:梓沢曜平(第5回)
  • VE:鈴木裕美(第5回)
  • 照明:千葉雄(第5回)
  • 美術プロデューサー:稲本浩(第3回-)
  • 美術デザイン:熊崎真知子
  • 大道具:相馬勇(第1,5回、第2回は装置)
  • 小道具:佐々木洋平(第5回)
  • 花飾:原京子(第5回)
  • 電飾:清水佳哉(第5回)
  • メイク:畠山紗矢香(第5回)
  • 音響効果:岡田淳一
  • 編集:稲垣浩二(第5回、オムニバス・ジャパン
  • MA:松岡洋一(第5回、オムニバス・ジャパン)
  • 写真提供:アフロ、毎日新聞/アフロ、日刊スポーツ/アフロ(アフロ→第2-4回は協力、全部→第5回)
  • イラスト:岩垣孝幸、さえきけんすけ(共に第5回)
  • リサーチ:金田佑馬、廣瀬仁義(廣瀬→第2回-)、平松ただし(第3回-)
  • 技術協力:NiTRO、omnibus japan(omnibus→第2回-)
  • 美術協力:日テレアート
  • 協力:佐野勝彦、弥生美術館、株式会社ブームプランニング、©大橋愛、河出書房新社、HARUTA、Candy Sugar、ウィックス(全部→第5回)
  • デスク:兒島理佳子
  • TK:山沢啓子
  • AD:清野翔太郎、杉本瑞季、田中玲那(清野→第2回-、杉本・田中→第5回)
  • AP:上岡恵莉華(第5回)
  • ディレクター:渡辺剛、田中雄大、益田洋平(渡辺・田中→第2回-、益田→第3回-)
  • 演出:大輪和孝
  • プロデューサー:杉山直樹、岩崎小夜子/興石将大、坪井理紗(坪井→第2回-、杉山・興石→第3回-、岩崎→第5回)
  • チーフプロデューサー:東井文太(第2回-)
  • 制作協力:EPOCL(第2回-)、passion(第3回-)、テレバイダー(第5回)、THE WORKS(第1,5回)
  • 製作著作:日テレ

過去のスタッフ[編集]

  • SW:三井隆裕(第1回)
  • CAM:田代義昭(第3回)
  • VE:渡邊佳寛、岩原正明(第2回)、塩原和益(第3回)
  • MIX:五十嵐愛(第1,2回)、杉村理紗(第3回)
  • 照明:名取孝昌(第1回)、木村弥史(第2回)、藤山真緒(第3回)
  • 美術プロデューサー:牧野沙和(第1,2回)
  • 装飾:辻光久(第2回、第1回は小道具)
  • 電飾:川井智香子(第1回)
  • メイク:目代遥(第1回)、小島梨香(第2回)、川上優香(第3回)
  • スタイリスト:色部聖子(第2回)
  • 編集:宮島洋介、平池優太(共に第1回・ヌーベルアージュ)、永岡大輔(第2回、オムニバス・ジャパン)、安田祐二(第3回、オムニバス・ジャパン)
  • MA:船木拓也(第1回・ヌーベルアージュ)、和田龍彦(第2回、オムニバス・ジャパン)、坂本龍平(第3回、オムニバス・ジャパン)
  • イラスト:AQUA(第1回)、綿谷寛(第1,2回)、28KEY(第2-4回)、江原ノブヒロ(第3回)
  • 技術協力:ジャパンテレビ、港家(共に第1回)、EYEZEN、ポジティヴ・ワン(共に第2回)
  • 美術協力:俳優座テレフィット奥松かつら(俳優座以降→第2-4回)
  • ロケ協力:川越市川越ロケーションサービス(第1回)、飛田新地料理組合、kaku・butsu、プルプルグループ、SOIREE(飛田以降→第2回)
  • セット協力:トーカイコンベア(第1回)
  • 画像協力:東洋大学 木村晴(第1回)
  • 映像協力:TAITO(第1回)
  • 映像協力/雑誌提供:ミリオン出版(第1回)
  • 協力:毎日新聞社千葉市美術館嵯峨釈迦堂国立国会図書館ジョン・ダワー三浦陽一・高杉忠明著『敗北を抱きしめて(上)』岩波書店、Meiji Showa.com、Kjeld Duits collection / Meiji Showa.com、Forbes JAPAN2017年7月号、東映朝日新聞社国立歴史民俗博物館(全部→第2回)、COINCIDENSE、株式会社ブランドエイト、日本丸メモリアルパーク、帆船日本丸横浜みなと博物館(全部→第3回)
  • グッズ提供:荒魂書店、三代目翔企画、レンタルショップダーリング、学生服のバロンハヤカワ、コーソー、モーターサイクル、飯島輪業、スーパーポテト(共に第1回)
  • 雑誌提供:学研マガジン・マガジン(共に第1回)
  • AD:佐藤優里、弓座翔平、松本裕紀(共に第1回)、中津祐亮(第2回)、松本早紀(第2-4回)、五十嵐香織、大谷茉由(五十嵐・大谷→第3,4回)
  • AP:藤田志帆(第1回)
  • ディレクター:川口順也、飛田一充(共に第1回)、三谷三四郎(第2回)、一場孝夫(第2-4回)
  • プロデューサー:鈴木淳一(第1,2回)、山口敦司(第1回)、大平進士、開発勇輔、梶山智未(共に第2-4回)
  • チーフプロデューサー:森實陽三(第1回)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 通常時の番組は『月曜から夜ふかし』(村上信五関ジャニ∞)、マツコ・デラックスが出演)。
  2. ^ "特別編"として放送された。