時任亜弓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ときとう あゆみ
時任 亜弓
生年月日 10月2日
出生地 日本の旗 日本東京都
民族 日本人
身長 160cm
ジャンル 俳優映画テレビドラマ
活動期間 1992年 -
活動内容

1992年:デビュー

2000年:『I.K.U.
事務所 OFFICE STOIC
公式サイト https://tokitoayumi.wixsite.com/stoic
主な作品

'映画
『緑の果て、今日の夢』
『空の穴』
最強獣誕生 ネズラ -NEZULLA-
ユビサキから世界を
I.K.U.


テレビドラマ
ダムド・ファイル
怨み屋本舗
Cafe吉祥寺で

未来世紀シェイクスピア
テンプレートを表示

時任 亜弓(ときとう あゆみ、10月2日[1] - )は、日本女優東京都出身。OFFICE STOIC所属(2018年から)。身長は160cm。旧芸名は時任歩

来歴・人物[編集]

  • 身長160cm。
  • 宇宙が好きで、宇宙を構成する時間と空間の「時」、何事にも時の流れに任せながらも、まっすぐ矢のごとく進み続ける意味を込めて命名。
  • ヌード・濡れ場系の女優としてもオリジナルビデオ等にて活躍していたが改名後は自粛。
  • 好きな言葉は『que sera sera (ケセラセラ)』[2]
  • 劇団ひまわり文学座研究所(第33期卒業)[3]東京乾電池養成所(第12期卒業)をへてデビューに至る。
  • 2000年、シューリー・チェン監督の映画『I.K.U.』にて主演(主人公・Reiko1 役)。この作品はサンダンス映画祭で、「映画祭史上の最高のミッドナイト・ムービー、とにかく気が狂う程、素晴らしい」と絶賛される。
  • 2007年、OFFICE STOICを設立。
  • 2008年、グッドラックカンパニーに所属→2018年、OFFICE STOICに戻る。
  • 2019年04月30日、自身のホームページにて俳優業の引退を発表[4]

出演[編集]

映画[編集]

ブロードバンドシネマ[編集]

  • 恋3『少女爛漫』(2007年) - 仙藤恭子 役

オリジナルビデオ[編集]

テレビドラマ[編集]

TBS

フジテレビ

関西テレビ

テレビ朝日

  • 土曜ワイド劇場
    • 「古都金沢 華道家元 華の殺意」(2001年) - 藤原水無子 役
    • 「インターフォン症候群の女」(2001年) - 八木悦子 役
    • 事件10」(2003年) - 女性拘留者 役(身体検査を受ける役柄)
    • おとり捜査官・北見志穂16 婚カツ美女連続殺人」(2012年) - 女性警察官・大野祐子 役
  • 特命係長 只野仁 第3話(2003年) - 美紀子 役
  • ダムド・ファイル(2004年) - No.0023・浅野瑤子 役
  • 相棒 season7 第13話(2008年) - 室賀厚子 役

テレビ東京

tvk

バラエティー番組など[編集]

舞台[編集]

  • 家畜人ヤプー(2000年) - ジョディ 役
  • 愛レンジャー(2005年) - 女王ダリア・伊集院朝顔 役
  • TUMBLE(2006年) - 蘭耀子 役

CM[編集]

  • 資生堂:アスプリールグレイシィリッチ〜特濃化粧水(2003年)
  • ヤクルト:蕃爽麗茶(2008年)
  • アコム:アコム計画CLUB(2009年)[5]
  • すき家:おいしい330円(2009年)
  • 牛角:牛角大焼肉祭り(2010年)
  • アクサ生命:保険をくるり(2010年)
  • 新キャベジンS:ビジネスウーマン編(2010年)
  • 京都きもの友禅(2011年)

PV[編集]

ラジオ[編集]

  • que sera sera(ケセラセラ)(2008年4月〜2011年3月 LIVECAST.JP)[6]

作品[編集]

写真集[編集]

  • 東京サーカス 大野純一ポートレイト写真集(2000年1月、ビブロス出版) ISBN 9784835210551

著作[編集]

  • 「レーションワールドカップ」2006年8月10日発行、オークラ出版 ISBN 9784775511350
    • ほぼ全てのレーションを食して執筆。ベトナム戦争時代の30年物のレーションも食す事となる。

脚注[編集]

  1. ^ 「役者の年齢は観ている人が決める事」とし、本人からは公表はしていない
  2. ^ パーソナリティーを務めていたインターネットラジオのタイトルもこれからきている
  3. ^ 同期に鈴木砂羽が在籍しており現在も深い交流がある
  4. ^ さよなら平成、さよなら時任”. 飯を食うなら皿までも. 2019年4月30日閲覧。
  5. ^ 着用の眼鏡は「劇団男魂第5回公演 TUMBLE」で使用した眼鏡と同じ物
  6. ^ このページの初出は2009年4月6日の放送の企画にて作成