時原春風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
時原春風
時代 平安時代初期 - 前期
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位下采女正
主君 仁明天皇文徳天皇清和天皇陽成天皇光孝天皇
氏族 忌寸→時原宿禰→時原朝臣
父母 父:秦礒成
利行、有平、有行
テンプレートを表示

時原 春風(ときはら の はるかぜ)は、平安時代初期から前期にかけての貴族能書家氏姓忌寸のち時原宿禰、時原朝臣。秦礒成の子とする系図がある。官位従五位下采女正

経歴[編集]

嘉祥年間(848年-851年右衛門府生を務める。貞観5年(863年)9月に一族の春上・諸長と共に秦忌寸姓を改め時原宿禰姓を賜与される(この時の官位従六位上図書大允)。元慶元年(877年従五位下に昇叙(この時の官職采女正)。

元慶8年(884年)11月光孝天皇践祚に伴う大嘗会に際し大嘗会印の印字を書し[1]内位の従五位下に叙せられる。仁和3年(887年)7月朝臣姓に改姓した。

筆跡[編集]

太政官給公験牒[編集]

貞観8年(866年)円珍太政官より下付された公験に書き誤りがあったため、円珍は春風に書き直させ、円珍はこの春風の後本を正本とし、内印を申請したと言われる。このときの春風のが『太政官給公験牒』(だじょうかんきゅうくげんちょう)であり、園城寺に所蔵されている。書体は楷書体、書風は唐風で、字形が整斉にして点画に骨力があり、清爽明快である。

官歴[編集]

注記のないものは『六国史』による。

系譜[編集]

  • 父:秦磯成[3]
  • 母:不詳
  • 生母不明の子女
    • 男子:時原利行[3]
    • 男子:時原有平[3]
    • 男子:時原有行[3]

脚注[編集]

  1. ^ 小右記寛弘8年(1011年)9月7日条
  2. ^ 平安遺文』文書番号90
  3. ^ a b c d 鈴木真年『百家系図』巻50,時原宿禰

参考文献[編集]

  • 「図説日本書道史」(『墨スペシャル』第12号 芸術新聞社、1992年7月)
  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年

関連項目[編集]