時調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
時調
各種表記
ハングル 시조
漢字 時調
発音 シジョ
日本語読み: じちょう
ローマ字 Sijo

時調(じちょう)は朝鮮で成立した定型詩

概要[編集]

時調は14世紀ごろ、高麗末期に成立したとみられ、李氏朝鮮時代に流行した。時調という名称は李朝第21代王英祖の頃から用いられた。それ以前は「短歌」「長短歌」「新調」などとも呼ばれたが、現在は使われていない。時調は「時節歌調」の略称で、いわゆる「流行歌」の意味であり、歌人、李世春が「時調」という言葉を作ったと言われている。

時調の起源については諸説があり、巫女の歌から来たという説、郷歌から発展したという説、『満殿春別詞』などに見られる高麗の歌謡が起源という説などがある。時調は、まず、両班たちによって作られた。内容は儒教の精神を歌ったものから、やがて自然美を歌った牧歌的、叙情的なものに変わり、妓生が時調を作るようになると、より人間の具体的な感情を歌うようになる。

時調の形式[編集]

3章6句の約45字からなる。音数律は三四調、もしくは四四調が基本であるが、日本の和歌俳句のように厳格ではなく、多少の字足らずや字余りは許容される。但し、終章の最初の句節は必ず3音節でなければならず、2番目の句節は必ず5音節以上でなければならない決まりがある。句の数え方は2説があり、三四(もしくは四四)でひとつの句として全6句と数える説と、それぞれをひとつの句として全12句と数える説がある。

[編集]

三四調
初章  ○○○ ○○○○   ○○○  ○○○○
中章  ○○○ ○○○○   ○○○  ○○○○
終章  ○○○ ○○○○○  ○○○○  ○○○

四四調
初章  ○○○○ ○○○○   ○○○○  ○○○○
中章  ○○○○ ○○○○   ○○○○  ○○○○
終章  ○○○  ○○○○○  ○○○○  ○○○

  • このような定型に従った時調を「短型時調」もしくは「平時調」と呼ぶ。
  • 句のひとつが長くなった時調を「中型時調」もしくは「時調」と呼ぶ。
  • 句がふたつ以上長くなった時調を「長形時調」もしくは「辞説時調」と呼ぶ。
  • 何編かの時調が意味を持って連結したものを「連時調」と呼ぶ。
  • 初章と終章だけで中章がない時調を「両章時調」と呼ぶ。
  • 初章だけの時調を「単時調」と呼ぶ。
  • 子どもの感性を時調にしたものを「童時調」と呼ぶ。

このうち、最もよく作られるのは定型に従った「平時調」である。

時調集[編集]

  • 金天沢『青丘永言』、1728年
  • 金寿長『海東歌謠』、1763年
  • 朴孝寛・安玫英『歌曲源流』1876年
  • 松桂烟月翁『古今歌曲』
  • 白景炫『東歌選』
  • 『南薫太平歌』
  • 崔南善『百八煩悩』、1926年
  • 李殷相『鷺山時調集』、1931年
  • 李秉岐『嘉藍時調集』、1947年
  • 鄭寅普『薝園時調集』、1948年

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 裴成煥 『韓国の古典短歌 ──古時調のいぶき』 国書刊行会、1986年、ISBN 4-336-02441-3。
  • 尹学準 『朝鮮の詩ごころ 「時調」の世界』 講談社〈講談社学術文庫〉、1992年、ISBN 4-06-159020-0。
  • 瀬尾文子 『時調四四三首選』 育英出版社、1997年、ISBN 4-901019-88-0。
  • 廣岡冨美 『韓国近現代時調選集』 土曜美術社、2000年、ISBN 4-8120-1254-6。