晋書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

晋書』(しんじょ 繁体字: 晉書)は、中国晋王朝西晋東晋)について書かれた歴史書二十四史の一つ。648年太宗の命により、房玄齢李延寿らによって編纂された。帝紀十巻・載記五胡単于・天王・皇帝に関する記述)三十巻、列伝七十巻、志二十巻によって構成される紀伝体

成立までの経緯と構成[編集]

玄武門の変により兄で皇太子の李建成を排除して帝位を簒奪した太宗・李世民は、房玄齢を総監として未編纂の史書を作ることを命じ、『北斉書』・『梁書』・『陳書』・『隋書』・『周書』と『晋書』が編纂された。太宗は代表作である「蘭亭序」を陪葬することを命じるほど王羲之に傾倒しており、『晋書』「王羲之伝」は自ら執筆している。既存の正史である『史記』『漢書』『三国志』などはいずれも個人が編纂したものを後に正史と定めたものであったが、太宗の欽定史書として『晋書』が編纂されて以降は史書編纂は国家事業となり、滅亡した王朝の史書を編纂することが正統王朝としての義務となった。

本紀に記載されるのは晋の実質上の始祖である司馬懿から東晋最後の恭帝・司馬徳文までであるが、載記では東晋滅亡の年より後に死去した赫連勃勃なども入っている。

評価[編集]

『晋書』の志の部分は、晋のみならず後漢三国時代についても記しており、志をもたない『三国志』を補う重要な資料となっている。

また、晋だけでなく五胡十六国の歴史を載記という形で載せているのも貴重である。

いっぽう『晋書』の正確性については、批判的な評価が多い。

史通』「採撰篇」で劉知幾は、『晋書』が『語林』『世説新語』『幽明録』『捜神記』といった書物に記載された怪しげな話を採用していることを指摘した。「分量さえ多ければいい、資料収集が広ければいいという態度だ。小人は喜ばせられるだろうが、君子のあざ笑うところである。」と手厳しく非難している。また、『旧唐書』の著者劉昫は、「房玄齢伝[1]」の評語で、「以臧栄緒晋書為主、参考諸家、甚為詳洽。然史官多是文詠之士、好採詭謬砕事、以広異聞、又所評論、競為綺艶、不求篤実、由是頗為学者所譏。」と、筆を極めて酷評している。つまり、「『晋書』は諸書を参考に詳しく書かれている。ところが、編纂に当たった史官は文士・歌詠みが多く、デマや誤報、くだらないゴシップを喜んで書いているような程度の低い連中で、広く異聞を集め、所々で評論家ぶって美文を書こうとしているが、真実を追求していないので学者はひどくバカにしている」というのである。すなわち、正史であるにもかかわらず後世からあたかもイエロージャーナリズムのような評価しか受けなかった史書、それが晋書であった。この評価は後世も概ね踏襲されており、清朝の考証学者である趙翼なども、晋書はデマや誤報、くだらないゴシップを信じ過ぎると低い評価を行なっている[2]

また、現代日本において晋書の部分日本語訳を行った越智重明は「晋書には多くの誤りがあり、敦煌文書に含まれる干宝の『晋紀』や、『世説新語』などで校正しなければならない」「占田制課田制のような重大な歴史学の問題でも、晋書には誤りがあるので鵜呑みにしてはいけない」[3]と批判している。宮川寅雄も「おおかたは逸話や伝承のたぐいで埋められており、枝葉なことがらを洗いおとしてゆくと、家譜や歴任の官職の大まかな推移になってしまう」[4]と述べている。

既存の史書と比較すると、それまで個人が執筆・編纂していたものに対して、複数の編者が存在することで前後矛盾する内容となっている箇所もあり、内藤湖南から批判された。例示すれば「李重伝」の中に「見百官志」(百官志に見える)と記述されるにもかかわらず、『晋書』の中には「百官志」が存在しないこと、などである。

一方で『冊府元亀』の評では、「前代の記録を広く考証し、残存する記録を広く探し、雑草を刈り取るように肝心な部分を抜き出している」と、『晋書』の資料収集を高く評価しているが、そのような好意的評価は非常に少ない。

以上『晋書』は史書としての評価は低いものであるが、『三国志』に「地理志」が存在しないことから、三国志愛好家の間では「地理志」に限って『晋書』の記録が多用される傾向がある。[要出典]また『三国志』には司馬懿の伝記がなく、晋書には司馬懿の伝記「宣帝紀」があるので参考にされることも多い。ただし「宣帝紀」には司馬懿の首が180度回転したといった事実とは考えられない記述が多く、清朝考証学では論難されている。

内容[編集]

[編集]

巻目 巻題 節目
巻1 帝紀第1 宣帝 高祖宣帝
巻2 帝紀第2 景帝 文帝 世宗景帝太祖文帝
巻3 帝紀第3 武帝 世祖武帝
巻4 帝紀第4 恵帝 孝恵帝
巻5 帝紀第5 懐帝 愍帝 孝懐帝孝愍帝
巻6 帝紀第6 元帝 明帝 中宗元帝粛宗明帝
巻7 帝紀第7 成帝 康帝 顕宗成帝康帝
巻8 帝紀第8 穆帝 哀帝 海西公 孝宗穆帝哀帝廃帝海西公
巻9 帝紀第9 簡文帝 孝武帝 太宗簡文帝孝武帝
巻10 帝紀第10 安帝 恭帝 安帝恭帝

[編集]

巻目 巻題 節目
巻11 志第1 天文上
巻12 志第2 天文中
巻13 志第3 天文下
巻14 志第4 地理上
巻15 志第5 地理下
巻16 志第6 律暦上
巻17 志第7 律暦中
巻18 志第8 律暦下
巻19 志第9 礼上
巻20 志第10 礼中
巻21 志第11 礼下
巻22 志第12 楽上
巻23 志第13 楽下
巻24 志第14 職官
巻25 志第15 輿服
巻26 志第16 食貨
巻27 志第17 五行上
巻28 志第18 五行中
巻29 志第19 五行下
巻30 志第20 刑法

列伝[編集]

巻目 巻題 節目
巻31 列伝第1 后妃上 宣穆張皇后景懐夏侯皇后景献羊皇后文明王皇后武元楊皇后武悼楊皇后左貴嬪胡貴嬪諸葛夫人恵賈皇后恵羊皇后謝夫人懐王皇太后・元夏侯太妃
巻32 列伝第2 后妃下 元敬虞皇后明穆庾皇后・成恭杜皇后・康献褚皇后・穆章何皇后・哀靖王皇后廃帝孝庾皇后・簡文宣鄭太后・簡文順王皇后・孝武文李太后・孝武定王皇后・安徳陳太后・安僖王皇后・恭思褚皇后
巻33 列伝第3 王祥・鄭沖・何曾・石苞
巻34 列伝第4 羊祜杜預
巻35 列伝第5 陳騫裴秀
巻36 列伝第6 衛瓘張華
巻37 列伝第7 宗室 安平献王孚・彭城穆王権・高密文献王泰・范陽康王綏・済南恵王遂・譙剛王遜・高陽王睦・任城景王陵
巻38 列伝第8 宣五王・文六王 平原王榦琅邪王伷・清恵亭侯京・扶風王駿梁王肜斉王攸・城陽王兆・遼東王定国・広漢王広徳・楽安王鑑・楽平王延祚
巻39 列伝第9 王沈荀顗荀勗・馮紞
巻40 列伝第10 賈充楊駿
巻41 列伝第11 魏舒・李憙・劉寔・高光
巻42 列伝第12 王渾王濬唐彬
巻43 列伝第13 山濤王戎・楽広
巻44 列伝第14 鄭袤・李胤・盧欽華表・石鑒・温羨
巻45 列伝第15 劉毅・和嶠・武陔・任愷・崔洪・郭奕・侯史光・何攀
巻46 列伝第16 劉頌・李重
巻47 列伝第17 傅玄
巻48 列伝第18 向雄・段灼・閻纘
巻49 列伝第19 阮籍嵆康向秀劉伶・謝鯤・胡毋輔之・畢卓・王尼・羊曼・光逸
巻50 列伝第20 曹志・庾峻・郭象・庾純・秦秀
巻51 列伝第21 皇甫謐・摯虞・束晳・王接
巻52 列伝第22 郤詵・阮种・華譚
巻53 列伝第23 愍懐太子
巻54 列伝第24 陸機陸雲
巻55 列伝第25 夏侯湛潘岳張載
巻56 列伝第26 江統・孫楚
巻57 列伝第27 羅憲滕脩馬隆胡奮陶璜吾彦張光・趙誘
巻58 列伝第28 周処周訪
巻59 列伝第29 汝南王亮楚王瑋趙王倫斉王冏長沙王乂成都王潁河間王顒東海王越
巻60 列伝第30 解系・孫旂・孟観・牽秀・繆播・皇甫重張輔李含張方閻鼎・索靖・賈疋
巻61 列伝第31 周浚・成公簡・苟晞華軼劉喬
巻62 列伝第32 劉琨祖逖
巻63 列伝第33 邵続李矩段匹磾魏浚郭黙
巻64 列伝第34 武十三王・元四王・簡文三子
巻65 列伝第35 王導
巻66 列伝第36 劉弘陶侃
巻67 列伝第37 温嶠郗鑒
巻68 列伝第38 顧栄紀瞻賀循薛兼
巻69 列伝第39 劉隗刁協戴若思戴邈周顗
巻70 列伝第40 応詹・甘卓卞壼劉超鍾雅
巻71 列伝第41 孫恵・熊遠・王鑑・陳頵高崧
巻72 列伝第42 郭璞葛洪
巻73 列伝第43 庾亮
巻74 列伝第44 桓彝
巻75 列伝第45 王湛王承王述王坦之王嶠荀崧荀羨范汪范寧范堅劉惔・張憑・韓伯
巻76 列伝第46 王舒王廙王彬虞潭・顧衆・張闓
巻77 列伝第47 陸曄何充褚翜・蔡謨・諸葛恢殷浩
巻78 列伝第48 孔愉・孔坦・孔厳・丁潭陶回
巻79 列伝第49 謝尚・謝安
巻80 列伝第50 王羲之
巻81 列伝第51 王遜蔡豹羊鑑劉胤・桓宣・桓伊・朱伺・毛宝劉遐鄧嶽朱序
巻82 列伝第52 陳寿王長文虞溥司馬彪王隠・虞預・孫盛干宝・鄧粲・謝沈習鑿歯徐広
巻83 列伝第53 顧和袁瓌袁喬袁耽・江逌・車胤殷顗王雅
巻84 列伝第54 王恭・庾楷・劉牢之殷仲堪楊佺期
巻85 列伝第55 劉毅・諸葛長民何無忌檀憑之魏詠之
巻86 列伝第56 張軌
巻87 列伝第57 涼武昭王李玄盛
巻88 列伝第58 孝友 李密・盛彦・夏方・王裒・許孜・庾袞・孫晷・顔含・劉殷王延・王談・桑虞・何琦・呉逵
巻89 列伝第59 忠義 嵆紹・王豹・劉沈麹允王育・韋忠・辛勉・劉敏元・周該・桓雄・韓階・周崎・易雄・楽道融・虞悝・沈勁・吉挹・王諒・宋矩車済・丁穆・辛恭靖・羅企生・張禕
巻90 列伝第60 良吏 魯芝・胡威・杜軫・竇允・王宏曹攄・潘京・范晷・丁紹喬智明・鄧攸・呉隠之
巻91 列伝第61 儒林 范平文立・陳邵・虞喜・劉兆・氾毓・徐苗・崔遊・范隆・杜夷・董景道・続咸徐邈・孔衍・范宣・韋謏・范弘之・王歓
巻92 列伝第62 文苑 応貞成公綏左思・趙至・鄒湛棗拠・褚陶・王沈・張翰庾闡・曹毗・李充・袁宏・伏滔・羅含顧愷之・郭澄之
巻93 列伝第63 外戚 羊琇王恂・楊文宗・羊玄之・虞豫・庾琛・杜乂褚裒・何準・王濛・王遐・王蘊・褚爽
巻94 列伝第64 隠逸 孫登・董京・夏統・朱沖・范粲(付范喬)・魯勝・董養・霍原・郭琦・伍朝・魯褒・氾騰・任旭・郭文・龔壮・孟陋・韓績・譙秀・翟湯(付翟荘)・郭翻・辛謐・劉驎之・索襲・楊軻・公孫鳳・公孫永・張忠・石垣・宋繊・郭荷・郭瑀・祈嘉・瞿硎先生・謝敷・戴逵・龔玄之・陶淡・陶潜
巻95 列伝第65 芸術
巻96 列伝第66 列女 荀灌
巻97 列伝第67 四夷 夫餘国馬韓辰韓肅慎氏倭人吐谷渾焉耆国亀茲国大宛国康居国大秦国林邑国扶南国匈奴
巻98 列伝第68 王敦桓温・桓熙・桓済・桓歆・桓禕・桓偉
巻99 列伝第69 桓玄・卞範之・殷仲文
巻100 列伝第70 王弥張昌陳敏王如杜曾杜弢・王機・祖約蘇峻孫恩盧循譙縦

載記[編集]

巻目 巻題 節目
巻101 載記第1 劉元海
巻102 載記第2 劉聡
巻103 載記第3 劉曜
巻104 載記第4 石勒
巻105 載記第5 石勒下
巻106 載記第6 石季龍
巻107 載記第7 石季龍下
巻108 載記第8 慕容廆
巻109 載記第9 慕容皝
巻110 載記第10 慕容儁
巻111 載記第11 慕容暐
巻112 載記第12 苻洪苻健苻生
巻113 載記第13 苻堅
巻114 載記第14 苻堅下
巻115 載記第15 苻丕苻登
巻116 載記第16 姚弋仲姚襄姚萇
巻117 載記第17 姚興
巻118 載記第18 姚興下
巻119 載記第19 姚泓
巻120 載記第20 李特李流
巻121 載記第21 李雄李班李期李寿李勢
巻122 載記第22 呂光呂纂呂隆
巻123 載記第23 慕容垂
巻124 載記第24 慕容宝慕容盛慕容熙慕容雲
巻125 載記第25 乞伏国仁乞伏乾帰乞伏熾磐馮跋
巻126 載記第26 禿髪烏孤禿髪利鹿孤禿髪傉檀
巻127 載記第27 慕容徳
巻128 載記第28 慕容超
巻129 載記第29 沮渠蒙遜
巻130 載記第30 赫連勃勃

脚注[編集]

注釈[編集]

引用元[編集]

  1. ^ Wikisource reference 劉昫. 舊唐書/卷66. - ウィキソース. 
  2. ^ 趙翼・長澤規矩也解題『廿二史箚記』汲古書院・和刻本正史(別巻8)1973.12
  3. ^ 越智『晋書』中国古典新書、明徳出版社
  4. ^ 宮川「王羲之と顧覬之」、駒田信二編『人物中国の歴史〈6〉長安の春秋』 (集英社文庫) 所収、1987

参考文献[編集]

関連項目[編集]