晋陽の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
晋陽の戦い
戦争春秋戦国時代
年月日紀元前455年 - 紀元前453年5月8日[1]
場所晋陽
結果趙氏の大勝、智氏の滅亡
交戦勢力
趙氏

趙氏魏氏韓氏

智氏魏氏韓氏

智氏

指導者・指揮官
趙襄子 智襄子
戦力
不詳 不詳
損害
不詳 不詳
春秋戦国時代
春秋時代
戦国時代
秦の統一戦争
†はその国の滅亡 表示

晋陽の戦い(しんようのたたかい)または智氏の滅亡は、貞定王14年(紀元前455年)に発生した戦い。六卿智氏の当主の智襄子(智瑶)と趙氏趙襄子(趙無恤)や韓康子(韓虎)・魏桓子(魏駒)が趙氏の本拠の晋陽で戦った。智襄子は殺され、智氏は滅亡した。

概要[編集]

春秋時代の末期、智襄子は晋の六卿の智氏の当主として政権を手にしていた。ある時六卿の韓康子・魏桓子・趙襄子に領地の割譲を要求した。韓康子と魏桓子は脅しに屈して領地の一部を割譲したが、趙襄子は拒絶した。

貞定王14年(紀元前455年)、智襄子と韓康子・魏桓子は出兵した。智氏・韓氏・魏氏の三卿同盟軍は趙氏を攻撃した。趙襄子は敗退し晋陽城に籠城した。

貞定王16年(紀元前453年)、智襄子は晋水(汾水)の水で晋陽城を水攻めにした。城内では疫病が流行り、また飢えのため子供たちを取り換えて人肉を食らう有様であった[2][3][4]

趙氏は滅亡の危機に陥り、趙孟談中国語版を韓氏・魏氏に派遣した。「唇(趙氏)亡ぶれば、則ち歯(韓氏・魏氏)寒し、智襄子は強欲な男であり、趙が滅ぼされた後には今度は貴公らの番である」と述べた[5][2]。韓康子も魏桓子も同様の危惧を抱いており、密約を結んで三氏共同で智氏を滅ぼすことにした。

韓・魏の両軍は堤防を決壊させ、智氏の軍営に水を流した。同時に趙軍も城より打って出た。智軍は壊滅し智襄子は捕虜となり、殺された。智襄子の死後、趙襄子は智襄子の頭蓋骨に漆を塗ってとし、さらしものにしたという。智氏は滅亡した。晋陽の戦いにより六卿は韓氏・魏氏・趙氏の三家となり三晋の独立中国語版を招くことになった。

脚注[編集]

  1. ^ 史記』「趙世家」:「以三月丙戌,三国反滅智氏,共分其地」。紀元前453年の旧暦3月23日はグレゴリオ暦の5月8日
  2. ^ a b 島崎晋 (2019年3月). 《春秋戦国の英傑たち》97p. 双葉社. ISBN 9784575457889 
  3. ^ 『史記』「趙世家」:「城不浸者三版,城中懸釜而炊,易子而食」
  4. ^ 戦国策』「秦策四」:「始,吾不知水之可亡人之国也,乃今知之」
  5. ^ 『戦国策』「知伯帥趙韓魏而伐范中行氏」:「臣聞唇亡則歯寒。今知伯帥二国之君伐趙,趙将亡矣,亡則二君為之次矣」