晏端書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

晏 端書(あん たんしょ、Yan Duanshu1803年 - 1882年)、字は彤甫の官僚。

江蘇省儀徴出身。1838年進士となり、編修、知府、道員、塩運使を歴任。1854年、浙江按察使となり、安徽省南部から衢州にかけて太平天国軍と戦った。1856年、江西布政使に昇進し、浙江省から補給を受けて太平天国軍からの防衛にあたった。同年、浙江巡撫に抜擢され、湘軍に補給を行って、曽国藩から好感を得た。その後も安徽省・浙江省江西省の境界で戦い、1858年に翼王石達開が大軍を率いて浙江省に入ると、浙江省東部に増援を行った。1859年、大理寺卿となり、1860年には江北団練大臣に任命され、団練を率いて江蘇省北部に侵入した捻軍と戦った。1862年両広総督となり、釐金を実施して湘軍に補給を行った。

参考文献[編集]

  • 郭穀生・史式編『太平天国大辞典』中国社会科学出版社
先代:
何桂清
浙江巡撫
1856-1858
次代:
胡興仁
先代:
劉長佑
両広総督
1862-1863
次代:
毛鴻賓