晩翠草堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
晩翠草堂
晩翠草堂
情報
旧名称 土井晩翠邸宅(旧居跡)
設計者 東北大学工学部教授(氏名不詳)[1]
構造形式 木造
階数 平屋
竣工 1949年
所在地 980-0804 
宮城県仙台市青葉区大町1-2-2
座標 地図
テンプレートを表示

晩翠草堂(ばんすいそうどう)は、仙台市中心部に位置する、青葉区大町1-2-2にある文学館である。仙台市出身の詩人英文学者だった土井晩翠が最晩年に過ごした邸宅を、一般開放した物である。

概要[編集]

土井晩翠は、1905年明治38年)より旧制二高、東北帝国大学(現・東北大学)の講師を1934年昭和9年)の定年退官まで勤め上げ、退官後も仙台市内で過ごしていたが、1945年(昭和20年))7月10日仙台空襲で住居と蔵書約3万冊を失った。

そこで、不憫に思った晩翠の教え子と仙台の有志達が、1949年昭和24年)に旧居跡に新たな住居を建てた。晩翠没後に仙台市に寄贈され「晩翠草堂」と改称し、一般公開されている。晩翠の著書、写真、晩翠が生前愛用していたベッドなどが展示されている[2]。庭には、仙台空襲で焼けたが奇跡的に復活を遂げた、ヒイラギモクセイの樹木があり、晩翠の命日(10月19日)付近になると、白い花を咲かせる[2]

草堂の表通りには、「天地有情」(1899年〔明治32年〕に出版した第一詩集の題名でもある)と書かれた石碑が建っている。1980年代に、この草堂の近くを通過する道路が、土井に因んで「晩翠通り」と命名されたが、それを知った土井の子孫がパブリシティ権の侵害であるとして仙台市を訴えるという事例が起きている。孫の中野好之著『仙台「晩翠草堂」の顛末 詩人・土井晩翠旧宅敷地譲渡をめぐる紛争の内幕』(御茶の水書房1988年)に詳しい経緯が記されている。

2011年平成23年)3月11日に起きた東日本大震災の影響により、一時休館していた。その後、修復工事や掛け軸屏風などの仙台市文学館への移設[2]を行い、同年10月8日より再開された。

沿革[編集]

  • 1949年昭和24年) - 仙台空襲で全焼した土井晩翠の旧宅跡(青葉区大町1-2-2)に、新居を構えた。
  • 1952年昭和27年)10月19日 - 土井晩翠がこの邸宅にて、80歳で病没。死後、仙台市に寄贈し、「晩翠草堂」として一般開放される。
  • 2011年平成23年)3月11日 - 東日本大震災の影響により、一時休館。
  • 2011年平成23年)10月8日 - 修復工事及び一部の展示物(掛け軸、屏風など)の仙台市文学館への移設を経て、再開された。

開館時間[編集]

観覧料金[編集]

  • 入館無料

周辺[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 芭蕉の辻 其の2
  2. ^ a b c 大町 その13 晩翠草堂(までぇに 待ちいまのブログ)

関連項目[編集]