晩聲社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
晩聲社
正式名称 株式会社 晩聲社
現況 事業継続中
種類 株式会社
市場情報 非上場
出版者記号 89188
取次コード 6999
設立日 1976年7月
代表者 代表取締役 尹隆道
本社郵便番号 〒101-0047
本社所在地 東京都千代田区内神田1-18-11-808
資本金 1,000万円
ネット販売 自社サイト、オンライン書店
出版以外の事業 ソフト開発事業
得意ジャンル 社会科学ルポルタージュジャーナリズム、韓国・朝鮮関連書籍
外部リンク http://www.banseisha.com/
テンプレートを表示

晩聲社(ばんせいしゃ)は、東京都千代田区に本社を置く日本出版社

概説[編集]

1976年、和多田進が設立。社会問題を扱ったルポルタージュジャーナリズムの問題、三光作戦731部隊沖縄戦などをはじめとした日本の近代史についての出版が多い。朝鮮半島関連の書籍も得意とする分野で、韓国の民主化運動や日韓関係に関する書籍を多く出版している。1999年、和多田が社を譲渡[1]。現在の経営者は大島渚演出『絞死刑』出演者の尹隆道である。

平田オリザのデビュー作を出版した縁から、引き続きその著書を多く出版している。近年は、韓国ドラマ関連の書籍も数多く手掛けている。

社会に対する批評的姿勢を示した奥付を用いていたことが特徴的であった。年号表記は1945年を0年とする私年号核時代」と、西暦とを併用する。消費税は「悪税」と表記していた[要出典]

晩聲社出身の人物として、札幌市で出版社寿郎社を経営する土肥寿郎がいる。

脚注[編集]