普泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

普泰(ふたい)は、南北朝時代北魏において、節閔帝元恭の治世に使用された元号。531年2月 - 532年4月。

531年10月に後廃帝元朗が信都で即位すると、後廃帝政権は中興元号を立てたが、洛陽を中心とする節閔帝政権では引き続き普泰元号が使用されていた。


西暦・干支との対照表[編集]

普泰 元年 2年
西暦 531年 532年
干支 辛亥 壬子


前の元号:
建明
中国の元号
北魏
次の元号:
中興
太昌
魏晋南北朝元号

三国の元号
黄初  太和  青龍  景初  正始  嘉平  正元  甘露  景元  咸熙
蜀漢章武 
建興  延熙  景耀  炎興
黄武 
黄龍  嘉禾  赤烏  太元  神鳳  建興  五鳳  太平  永安  元興  甘露  宝鼎  建衡  鳳凰  天冊  天璽  天紀
の元号
西晋泰始 
咸寧  太康  太熙  永熙  永平  元康  永康  永寧  太安  永安  建武  永安  永興  光熙  永嘉  建興
東晋建武 
大興  永昌  太寧  咸和  咸康  建元  永和  升平  隆和  興寧  太和  咸安  寧康  太元  隆安  元興  隆安  大亨  元興  永始  天康  義熙  元熙
五胡十六国の元号
前趙元熙 
永鳳  河瑞  光興  嘉平  建元  麟嘉  漢昌  光初
成漢建初 
建興  晏平  玉衡  玉恒  漢興  太和  嘉寧
前涼建興 
和平  建興  升平
後趙太和 
建平  延熙  建武  太寧  青龍  永寧
冉魏永興
前燕元璽 
光寿  建熙
前秦皇始 
寿光  永興  甘露  建元  太安  太初  延初
後秦白雀 
建初  皇初  弘始  永和
後燕燕元 
建興  永康  建平  長楽  光始  建始
翟魏建光 
定鼎
西燕燕興 
更始  昌平  建明  建平  建武  中興
西秦建義 
太初  更始  永康  建弘  永弘
後涼太安 
麟嘉  龍飛  承康  咸寧  神鼎
南涼太初 
建和  弘昌  嘉平
南燕燕平 
建平  太上
西涼庚子 
建初  嘉興  永建
龍昇 
鳳翔  昌武  真興  承光  勝光
北燕正始 
太平  太興
北涼神璽 
天璽  永安  玄始  承玄  義和  承和
建国
南北朝の元号
永初 
景平  元嘉  孝建  大明  永光  景和  泰始  泰予  元徽  昇明
建元 
永明  隆昌  延興  建武  永泰  永元  中興

天監  普通  大通  中大通  大同  中大同  太清  大宝  天正  太始  承聖< 天成  紹泰  太平  天啓
後梁大定  天保  広運

永定  天嘉  天康  光大  太建  至徳  禎明
北魏登国 
皇始  天興  天賜  永興  神瑞  泰常  始光  神䴥  延和  太延  太平真君  正平  承平  興安  興光  太安  和平  天安  皇興  延興  承明  太和  景明  正始  永平  延昌  熙平  神亀  正光  孝昌  武泰  建義  永安  建明  普泰  中興  太昌  永興  永熙
東魏天平 
元象  興和  武定
西魏大統
北斉天保 
乾明  皇建  太寧  河清  天統  武平  隆化  徳昌  承光  武平
北周武成 
保定  天和  建徳  宣政  大成  大象  大定
柔然永康 
太平  太安  始平  建昌