普現寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

普現寺(ふげんじ)は、大分県臼杵市野津町にある臨済宗妙心寺派寺院である。

概要[編集]

大友氏第2代当主大友親秀の五男である野津五郎頼宗が、普賢菩薩を夢に見て、永仁2年(1294年)に建立したと伝わる。寺名は「普賢」に同音の「普現」を当てたもの。天正年間の島津氏豊後侵攻によって荒廃したが、正保4年(1647年)に現在地で再興。

境内には約200本のカエデが植えられており、紅葉シーズンの11月には夜間にライトアップされる。また、吉四六の菩提寺で、寺内にはその位牌が残されており、寺の付近には墓がある。

風連鍾乳洞・キリシタン遺跡・普現寺吉四六さんの墓」として、大分百景に選定されている。