景定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

景定(けいてい)は、中国南宋理宗の治世に使用された元号。1260年 - 1264年。

  • 開慶元年12月13日:翌年より踰年改元の詔が下る。
  • 景定5年12月1日:度宗の即位により翌年を「咸淳元年」とする踰年改元の詔が下る。

西暦等との対照表[編集]

景定 元年 2年 3年 4年 5年
西暦 1260年 1261年 1262年 1263年 1264年
干支 庚申 辛酉 壬戌 癸亥 甲子
中統 中統2 中統3 中統4 至元


前の元号:
開慶
中国の元号
南宋
次の元号:
咸淳
元号

北宋:建隆  乾徳  開宝  太平興国  雍熙  端拱  淳化  至道  咸平  景徳  大中祥符  天禧  乾興  天聖  明道  景祐  宝元  康定  慶暦  皇祐  至和  嘉祐  治平  熙寧  元豊  元祐  紹聖  元符  建中靖国  崇寧  大観  政和  重和  宣和  靖康
南宋:建炎 
紹興  隆興  乾道  淳熙  紹熙  慶元  嘉泰  開禧  嘉定  宝慶  紹定  端平  嘉熙  淳祐  宝祐  開慶  景定  咸淳  徳祐  景炎  祥興
中国の元号一覧:(漢•新 
魏晋南北朝時代(高昌)  隋  唐(渤海  南詔  大理)  五代十国時代  宋(遼  西夏  金)  元  明  清)