景明君

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

景明君 李忱(けいめいくん り しん、キョンミョングン イ・チム、경명군 이침、1489年 - 1526年)は、李氏朝鮮の王族。は誠之、諡号は貞敏。本貫は全州李氏

生涯[編集]

成宗の十一男であり、生母は淑儀洪氏。優雅かつ質素な性格であり、学問も優れて名望が高かった。中宗の知遇を受け、宗親府・宗簿寺・司饔院都提調を常に兼ね、また文昭殿も管掌した[1]

家族[編集]

  • 父: 成宗
  • 母: 淑儀洪氏
    • 姉 : 恵淑翁主 秀蘭
    • 兄 : 完原君 𢢝
    • 兄 : 檜山君 恬
    • 兄 : 甄城君
    • 姉 : 静順翁主
    • 兄 : 益陽君 懐
    • 弟 : 雲川君 𪬦
    • 弟 : 楊原君 憘
    • 妹 : 静淑翁主 如蘭
  • 正妻 : 江陽郡夫人坡平尹氏 - 僉正尹堞の娘
    • 長女 : 李蓮環
    • 長男 : 安城君 壽齢
      • 孫 : 平原君 鎰
    • 次女 : 李玉女
    • 次男 : 安南君 壽錬
      • 孫 : 錦川君 俌
      • 孫 : 綾城君 伸
      • 孫 : 霊川君 侹 - 楊原君の長男咸寧君 壽璿の養子
      • 孫 : 文城君 健

参考文献[編集]

  1. ^ 한국역대인물종합정보시스템 경명군